パイプラインのエラーを見つける - AWS Data Pipeline

パイプラインのエラーを見つける

AWS Data Pipeline コンソールは、パイプラインの状態を視覚的に監視し、失敗または未完了のパイプラインの実行に関連するエラーを簡単に見つけることができる便利なツールです。

コンソールを使用して、失敗または未完了の実行に関するエラーを見つけるには

  1. [List Pipelines] ページで、パイプラインインスタンスの [Status] 列に [FINISHED] 以外の値が表示されている場合は、前提条件が満たされるのをパイプラインが待っているか、または、パイプラインが失敗してパイプラインの問題を解決する必要があります。

  2. [List Pipelines] (パイプラインの一覧表示) ページで、インスタンスパイプラインを見つけ、その左側にある三角形を選択して、詳細を展開します。

  3. このパネルの下部にある [View execution details] (実行の詳細の表示) を選択します。[Instance summary] (インスタンスの概要) パネルが開き、指定したインスタンスの詳細が表示されます。

  4. [Instance summary (インスタンスの概要)] パネルで、インスタンスの横にある三角形を選択して、インスタンスのその他の詳細を表示し、[詳細]、[More... (さらに...)] の順に選択します。 選択したインスタンスの状態が [失敗] である場合は、詳細ボックスにエラーメッセージ、errorStackTrace、その他の情報が表示されます。この情報をファイルに保存することができます。[OK] を選択します。

  5. [Instance summary] (インスタンスの概要) ペインで、[Attempts] (試行) タブを選択し、試行の行ごとの詳細を確認します。

  6. 未完了のインスタンスや失敗したインスタンスに対してアクションを実行するには、インスタンスの横にあるチェックボックスをオンにします。これによりアクションがアクティブ化されます。次に、アクション (Rerun|Cancel|Mark Finished) を選択します。