タスク作成ステータスを理解します。 - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスク作成ステータスを理解します。

以下は、タスク作成時になる可能性のあるステータス (フェーズ) についての説明です。

タスク作成ステータス 意味

CREATING

AWS DataSync は、ネットワークファイルシステム (NFS) またはサーバーメッセージブロック (SMB) の場所をマウントしようとします。タスクは、AWS の場所がマウントされるまで待機せずに、[使用可能] ステータスに移行します。代わりに、AWS DataSync は、すべてのタスク実行の前に AWS の場所をマウントし、すべてのタスク実行の後にこれをアンマウントします。

タスクが数分間以上 [作成中] ステータスのままになると、エージェントによる NFS または SMB ファイルシステムのマウント時に問題が発生することがあります。タスクの ErrorCode 値および ErrorDetail 値を確認します。多くの場合、マウントの問題はファイアウォールの誤設定か、NFS または SMB サーバーホスト名の入力ミスが原因で発生します。

RUNNING

タスクが実行中です。
AVAILABLE タスクは適切に設定され、開始可能です。

使用不可

場所に関連付けられたエージェントがオフラインになると、タスクは [UNAVAILABLE (使用不可)] ステータスに移行します。

QUEUED

同じエージェントを使用している実行中のタスクが別にあります。DataSync は、キュー内のタスクを順次に実行します。詳細については、「」を参照してくださいタスク実行のキューイング