タスク実行ステータスを理解します。 - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスク実行ステータスを理解します。

以下は、タスク実行時になる可能性のあるステータス (フェーズ) についての説明です。

DataSync のフェーズまたはステータス 意味

キューイング

同じエージェントを使用している実行中のタスクが別にある場合、これはタスク実行の最初のフェーズです。詳細については、「」を参照してくださいタスク実行のキューイング

LAUNCHING

同じエージェントを使用している実行中のタスクが他にないか、キューイングが有効になっていない場合、これはタスク実行の最初のフェーズです。この時点で、AWS DataSync はタスク実行を初期化します。通常このステータスは急速ですが、数分かかる場合もあります。

PREPARING

これはタスク実行の 2 番目のフェーズです。AWS DataSync はどのファイルを転送する必要があるかを計算しています。このフェーズの所要時間は、送信元の場所のファイル数に比例します。通常は、送信元と送信先のファイルシステム、およびこれらのファイルシステムのパフォーマンスに応じて、数分から数時間かかります。詳細については、「」を参照してくださいタスクの開始

TRANSFERRING

これは、タスク実行の 3 番目のフェーズです。DataSync は AWS へのデータの転送を現在実行しています。DataSync によるファイルの転送中、転送されたバイトとファイルの数はリアルタイムで更新されます。

VERIFYING

これは、タスク実行の 4 番目のフェーズで、オプションです。そのファイルにVerifyMode同期オプションがCONSISTENTでは、DataSync は完全なデータとメタデータの整合性の検証を実行します。この検証により、送信先のデータが送信元の場所のデータの正確なコピーであることを確認します。このプロセスでは、送信先のすべてのファイルの読み取りが必要であり、大規模なボリュームでは非常に長い時間がかかることがあります。検証をスキップする場合は、タスク実行の設定時に VerifyMode=NONE を指定します。または、コンソールのタスクのオプションで、[] を選択しないでください。検証の有効化。詳細については、「」を参照してくださいAWS DataSync によるデータの整合性の検証方法

SUCCESS

この値はデータ転送が成功したときに返されます。VerifyMode オプションが設定されていない場合、このステータスは [TRANSFERRING (転送中)] フェーズの後に生じます。それ以外の場合は、[VERIFYING (検証中)] フェーズの後に生じます。詳細については、「」を参照してくださいタスクの実行

ERROR

この値はデータ転送が失敗したときに返されます。VerifyMode オプションが設定されていない場合、このステータスは [TRANSFERRING (転送中)] フェーズの後に生じます。それ以外の場合は、[VERIFYING (検証中)] フェーズの後に生じます。