AWS DeepLens
開発者ガイド

AWS DeepLens デバイス登録のステータスの確認

デバイスの設定が完了したら、[AWS DeepLens コンソールを開く] を選択して登録ステータスを確認します。


                イメージ: デバイス設定の結果ページ

デバイスの登録処理には数分かかります。登録が正常に完了すると、[登録ステータス] は [登録済み] に変わります。プロセスが失敗した場合、[登録ステータス] は [失敗] になります。この場合、[登録解除] を選択して、登録をやり直します。登録が中断された場合、または不完全な場合、[登録ステータス] は [Awaiting credentials (認証情報待ち)] のままになります。この場合、デバイスの AMDC-NNNN Wi-Fi ネットワークに再接続して、登録を再開します。

デバイスの [登録ステータス] と [Device status (デバイスのステータス)] がそれぞれ [登録済み]、および [オンライン] になったら、プロジェクトを作成し、AWS DeepLens デバイスにデプロイする準備が整います。たとえば、次の手順に従ってサンプルプロジェクトを作成、デプロイし、プロジェクトの出力を調べることにより、デバイスをテストできます。