動作グラフの使用量とコストのモニタリング (管理者アカウント) - Amazon Detective

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

動作グラフの使用量とコストのモニタリング (管理者アカウント)

Amazon Detective は、アカウントが属する各動作グラフで使用されるデータについて、各アカウントに請求します。Detective は、ソースにかかわらず、すべてのデータについて GB あたりの階層的な定額料金を請求します。

管理者アカウントの場合、Detective コンソールの [Usage] (使用量) のページには、直近 30 日間に動作グラフに取り込まれたデータの量が表示されます。管理者アカウントには、アカウントと動作グラフ全体の通常の 30 日間の予測コストも表示されます。

Detective の使用量に関する情報を表示するには

  1. AWS Management Console にサインインします。その後、https://console.aws.amazon.com/detective/ で Detective コンソールを開きます。

  2. Detective のナビゲーションペインで、[Settings] (設定) の [Usage] (使用量) を選択します。

各アカウントについて取り込まれるデータの量

[Ingested volume by member account] (メンバーアカウント別の取り込み量) には、動作グラフのアクティブなアカウントが表示されます。削除されたメンバーアカウントはリストに表示されません。

各アカウントについて、取り込み量のリストに次の情報が表示されます。

  • AWS アカウント識別子と root ユーザーのメールアドレス。

  • アカウントが動作グラフにデータを提供し始めた日。

    管理者アカウントの場合、これはアカウントが Detective を有効にした日です。

    メンバーアカウントの場合、これはアカウントが招待を受け入れた後にメンバーアカウントとして有効になった日です。

  • 直近 30 日間にアカウントから取り込まれたデータの量。合計には、すべてのソースタイプが含まれます。

  • アカウントが現在、無料トライアル期間中かどうか。現在、無料トライアル期間中のアカウントの場合、リストには残りの日数が表示されます。

    無料トライアル期間中のアカウントがない場合、無料トライアルステータスの列は表示されません。

管理者アカウントの予測コスト

[This account's projected cost] (このアカウントの予測コスト) には、管理者アカウントの 30 日間のデータの予測コストが示されます。予測コストは、管理者アカウントの 1 日の平均量に基づきます。

重要

この金額は予測コストのみです。これは、通常の 30 日間の管理者アカウントデータについての合計コストを予測します。直近 30 日間の使用量に基づきます。Amazon Detective による予測コストの計算方法 を参照してください。

動作グラフの予測コスト

[All accounts' projected cost] (すべてのアカウントの予測コスト) には、動作グラフ全体の 30 日間のデータの合計予測コストが示されます。予測コストは、各アカウントの 1 日の平均量に基づきます。

重要

この金額は予測コストのみです。これは、通常の 30 日間の動作グラフデータについての合計コストを予測します。直近 30 日間の使用量に基づきます。予測コストには、動作グラフから削除されたメンバーアカウントは含まれません。「」を参照してくださいAmazon Detective による予測コストの計算方法