動作グラフの使用状況とコストの監視 (管理者アカウント) - Amazon Detective

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

動作グラフの使用状況とコストの監視 (管理者アカウント)

Amazon Detective は、アカウントが属する各行動グラフで使用されているデータを各アカウントに請求します。Detective は、ソースに関係なく、すべてのデータについて、GB あたりの階層型定額料金を課金します。

管理者アカウントの場合、使用ページには Detective 過去 30 日間の行動グラフに取り込まれたデータ量が表示されます。管理者アカウントには、通常の 30 日間のアカウントと行動グラフ全体の予測コストも表示されます。

Detective の使用状況の情報を表示するには

  1. AWS Management Console にサインインします。次に Detective コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/detective/

  2. [Detective] ナビゲーションペインの [] で、設定] で、[使用

アカウントごとに取り込まれたデータ量

メンバーアカウント別に取り込まれたボリュームに、動作グラフにアクティブな勘定科目をリストします。削除されたメンバー・アカウントはリストされません。

各アカウントについて、取り込まれたボリュームリストには次の情報が表示されます。

  • -AWSアカウント識別子と root ユーザーの電子メールアドレス。

  • 取引先が行動グラフにデータを提供し始めた日付。

    管理者アカウントの場合、これは、アカウントが Detective を有効にした日付です。

    メンバーアカウントの場合、招待を承諾した後、アカウントがメンバーアカウントとして有効になった日付です。

  • 過去 30 日間にアカウントから取り込まれたデータの量。合計には、すべてのソースタイプが含まれます。

  • アカウントが現在無料トライアル期間中かどうか。現在無料試用期間中のアカウントについては、一覧に残りの日数が表示されます。

    無料トライアル期間内にアカウントがない場合は、無料トライアルステータスの列は表示されません。

管理者アカウントの予測原価

この勘定科目の予測原価に、管理者アカウントの 30 日間のデータに対する予測コストを示します。予測コストは、管理者アカウントの 1 日平均量に基づきます。

重要

この金額は予測原価のみです。これは、典型的な 30 日間の期間における管理者アカウントデータの合計コストを予測します。前の 30 日からの使用状況に基づいています。「Amazon Detective による予測コストの計算方法」を参照してください。

行動グラフの予測コスト

すべての勘定科目の予測原価には、行動グラフ全体の 30 日間のデータに対する合計予測コストが表示されます。予測コストは、各アカウントの 1 日平均量に基づきます。

重要

この金額は予測原価のみです。これは、典型的な 30 日間の期間における動作グラフデータの総コストを予測します。前の 30 日からの使用状況に基づいています。予測コストには、動作グラフから削除されたメンバー勘定は含まれません。「」を参照してくださいAmazon Detective による予測コストの計算方法