UI Automation for iOS を AWS Device Farm と使用する - AWS Device Farm

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

UI Automation for iOS を AWS Device Farm と使用する

Device Farm では iOS 用 UI Automation がサポートされています。

UI Automation とは

お客様が書いたテストスクリプトを使用して iOS アプリでユーザーインターフェイスのテストを自動化するために、自動計測を使用できます。これらのスクリプトはアプリの外部で実行され、UI Automation API を呼び出してユーザーの操作をシミュレートします。API は、シミュレータまたは接続されたデバイスで実行する際にアプリで実行されるアクションを指定する JavaScript プログラミングインターフェイスです。詳細については、iOS 開発者ライブラリの計測ユーザーガイドの「計測について」を参照してください。

iOS UI Automation テストのアップロード

Device Farm コンソールを使用してテストをアップロードします。

  1. Device Farm コンソール () にサインインします。https://console.aws.amazon.com/devicefarm

  2. Device Farm ナビゲーションパネルで、[モバイルデバイスのテスト、[] の順に選択します。プロジェクト

  3. プロジェクトのリストで、テストをアップロードするプロジェクトを選択します。

    ヒント

    検索バーを使用して名前でプロジェクトリストを絞り込むことができます。

    プロジェクトを作成するには、「AWS Device Farm でプロジェクトを作成する」の手順に従ってください。

  4. そのファイルに作成a nEWr国連ボタンが表示されている場合は、選択します。

  5. リポジトリの []選択アプリケーションページで,select [ファイルの選択]

  6. iOS アプリファイルを参照して選択します。このファイルは、.ipa ファイルである必要があります。

    注記

    .ipa ファイルがシミュレーター用ではなく iOS デバイス用に作成されていることを確認します。

  7. [Next (次へ)] を選択します。

  8. リポジトリの []設定ページで,()テストフレームワークの設定セクションに追加します。選択する UI オートマット許可を選択し、select [ファイルの選択]

  9. 単一のテスト用に .js ファイルを参照して選択します。

  10. 選択次に、残りの画面上の指示を完了してテストを実行するデバイスを選択し、実行を開始します。

iOS UI Automation テストのスクリーンショットの取得

iOS UI Automation テストの一部としてスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショットを取得するには、captureScreenWithName 関数 (例: target.captureScreenWithName(lang + "_home");lang は現在の言語名。) を呼び出します。

iOS UI Automation テストに関するその他の考慮事項

Device Farm は、iOS UI Automation テストの実行フローをモニタリングできるようにログ記録のフックを追加しますが、Device Farm は iOS UI Automation テスト自体を変更することはしません。