AWS Direct Connect
ユーザーガイド

リモート AWS リージョンのアクセス

パブリックリージョンの AWS Direct Connect ロケーションまたは AWS GovCloud (US) は、他のパブリックリージョンのパブリックサービスにアクセスできます (中国 (北京および寧夏) を除く)。また、パブリックリージョンの AWS Direct Connect 接続、または AWS GovCloud (US) の接続は、他のパブリックリージョン (中国 (北京および寧夏) を除く) にあるご自身のアカウントの VPC にアクセスするように設定できます。したがって、単一の AWS Direct Connect 接続を使用して、マルチリージョンサービスを構築できます。パブリック AWS サービスにアクセスするか、別のリージョンの VPC にアクセスするかに関係なく、すべてのネットワークトラフィックが AWS グローバルネットワークのバックボーンで保持されます。

リモートリージョンからの任意のデータ転送で、リージョンのデータ転送レートでの請求が行われます。データ転送の価格設定の詳細については、AWS Direct Connect の詳細ページの「Pricing」を参照してください。

AWS Direct Connect 接続のルーティングポリシーおよびサポートされている BGP コミュニティの詳細については、「ルーティングポリシーと BGP コミュニティ」を参照してください。

リモートリージョンでのパブリックサービスへのアクセス

リモートリージョンのパブリックリソースにアクセスするには、パブリック仮想インターフェイスをセットアップし、ボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) のセッションを設定する必要があります。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」を参照してください。

パブリック仮想インターフェイスを作成し、BGP セッションを設定した後、お客様のルーターは他のパブリック AWS リージョンへのルーティングを学習します。現在 AWS でアドバタイズされているプレフィックスの詳細については、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス の「AWS IP アドレスの範囲」を参照してください。

リモートリージョンの VPC へのアクセス

すべてのパブリックリージョンで、Direct Connect ゲートウェイを作成できます。ゲートウェイを使用すると、プライベート仮想インターフェイスを介して、AWS Direct Connect 接続を、異なるリージョンまたはトランジットゲートウェイに配置されたご自身のアカウントの VPC に接続できます。詳細については、「Direct Connect ゲートウェイの操作」を参照してください。

また、AWS Direct Connect 接続用のパブリック仮想インターフェイスを作成し、リモートリージョンのご自身の VPC への VPN 接続を確立することもできます。VPC への VPN 接続設定の詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の「Amazon Virtual Private Cloud を使用したシナリオ」を参照してください。