AWS Direct Connect フェイルオーバーテスト - AWS Direct Connect

AWS Direct Connect フェイルオーバーテスト

AWS Direct Connect Resiliency Toolkit 回復性モデルは、複数の場所で適切な数の仮想インターフェイス接続を確保するように設計されています。ウィザードの完了後、AWS Direct Connect Resiliency Toolkit フェイルオーバーテストで BGP ピア接続セッションを停止して、トラフィックがいずれかの冗長仮想インターフェイスにルーティングされ、回復性の要件が満たされることを確認します。

このテストを使用して、仮想インターフェイスがサービス停止状態のときに、トラフィックが冗長仮想インターフェイスを介してルーティングされることを確認します。テストを開始するには、仮想インターフェイス、BGP ピア接続セッション、テストの実行時間を選択します。AWS は、選択された仮想インターフェイス BGP ピア接続セッションを停止状態にします。インターフェイスがこの状態のとき、トラフィックは冗長仮想インターフェイスを通過する必要があります。構成に適切な冗長接続が含まれていない場合、BGP ピア接続セッションは失敗し、トラフィックはルーティングされません。テストが完了するか、手動でテストを停止すると、AWS は BGP セッションを復元します。テストが完了したら、AWS Direct Connect Resiliency Toolkit を使用して構成を調整できます。

テスト履歴

AWS は、365 日後にテスト履歴を削除します。テスト履歴には、すべての BGP ピアで実行されたテストのステータスが含まれます。履歴には、テストされた BGP ピア接続セッション、開始時刻と終了時刻、テストステータスが含まれます。テストステータスは次のいずれかの値です。

  • In progress (進行中) - テストは現在実行中です。

  • Completed (完了) - 指定した時間、テストが実行されました。

  • Canclled (キャンセル済み) - 指定した時間より前に、テストがキャンセルされました。

  • Failed (失敗) - 指定した期間、テストが実行されませんでした。このスタータスになると、ルーターに問題がある可能性があります。

詳細については、「仮想インターフェイスのフェイルオーバーテスト履歴の表示」を参照してください。

検証のアクセス許可

フェイルオーバーテストを実行するアクセス許可のある唯一のアカウントは、仮想インターフェイスを所有するアカウントです。このアカウントの所有者は AWS CloudTrail から、テストが仮想インターフェイスで実行されたという通知を受け取ります。

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストの開始

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストは AWS Direct Connect コンソールまたは AWS CLI を使用して開始できます。

AWS Direct Connect コンソールから仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストを開始するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. [Virtual interfaces (仮想インターフェイス)] を選択します。

  3. 仮想インターフェイスを選択し、[Actions (アクション)]、[Bring down BGP (BGP の停止)] の順に選択します。

    テストは、パブリック、プライベート、またはトランジット仮想インターフェイスで実行できます。

  4. [Start failure test (障害テストの開始)] ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    1. [Peerings to bring down to test (ピア接続を停止してテストする)] で、テストするピア接続セッション (IPv4 など) を選択します。

    2. [Test maximum time (テストの最大時間)] で、テストを継続する分数を入力します。

      最大値は 180 分 (3 時間) です。

      デフォルト値は 180 分 (3 時間) です。

    3. [To confirm test (テストを確認するには)] で、「Confirm」と入力します。

    4. [確認] を選択します。

    BGP ピア接続セッションは DOWN (停止) 状態になります。トラフィックを送信して、サービス停止が起こらないことを確認できます。必要に応じて、テストをすぐに停止できます。

AWS CLI を使用して仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストを開始するには

StartBgpFailoverTest を使用します。

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテスト履歴の表示

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテスト履歴は、AWS Direct Connect コンソールまたは AWS CLI を使用して表示できます。

AWS Direct Connect コンソールから仮想インターフェイスのフェイルオーバーテスト履歴を表示するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. [Virtual interfaces (仮想インターフェイス)] を選択します。

  3. 仮想インターフェイスを選択したら、[View details (詳細の表示)] を選択します。

  4. [Test history (テスト履歴)] を選択します。

    コンソールには、仮想インターフェイスで実行した仮想インターフェイステストが表示されます。

  5. 特定のテストの詳細を表示するには、テスト ID を選択します。

AWS CLI を使用して仮想インターフェイスのフェイルオーバーテスト履歴を表示するには

ListVirtualInterfaceTestHistory を使用します。

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストの停止

仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストは、AWS Direct Connect コンソールまたは AWS CLI を使用して停止できます。

AWS Direct Connect コンソールから仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストを停止するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. [Virtual interfaces (仮想インターフェイス)] を選択します。

  3. 仮想インターフェイスを選択し、[Actions (アクション)]、[Cancel test (テストのキャンセル)] の順に選択します。

  4. [確認] を選択します。

AWS は BGP ピア接続セッションを復元します。テスト履歴では、テストに「cancelled (キャンセル済み)」が表示されます。

AWS CLI を使用して仮想インターフェイスのフェイルオーバーテストを停止するには

StopBgpFailoverTest を使用します。