AWS Managed Microsoft AD スキーマを拡張するタイミング - AWS Directory Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Managed Microsoft AD スキーマを拡張するタイミング

AWS Managed Microsoft AD スキーマを拡張するには、新しいオブジェクトクラスおよび属性を追加します。たとえば、アプリケーションのスキーマに変更を加えて、シングルサインオン機能をサポートする必要がある場合にこの作業を行います。

また、スキーマ拡張を使用して、特定の Active Directory オブジェクトクラスおよび属性に依存するアプリケーションのサポートを有効にすることもできます。これは、AWS Managed Microsoft AD に依存している企業アプリケーションを AWS クラウドに移行する必要がある場合に特に有効です。

既存の Active Directory スキーマに追加されている各属性またはクラスは、一意の ID で定義する必要があります。こうすることで、企業がスキーマに拡張を追加するときに一意であることを保証することができ、互いに競合することはありません。これらの IDs ADオブジェクト識別子(OID)と呼ばれ、 AWS Managed Microsoft AD.

開始するには、チュートリアル: 延長する AWS Managed Microsoft AD スキーマ を参照してください。