代わりの UPN サフィックスを追加する - AWS Directory Service

代わりの UPN サフィックスを追加する

AWS Managed Microsoft AD ディレクトリに代わりとなるユーザープリンシパル名 (UPN) サフィックスを追加することで、Active Directory (AD) のログイン名の管理を簡素化し、ユーザーのログインエクスペリエンスを向上させることができます。そのためには、Admin アカウント、または AWS Delegated User Principal Name Suffix Administrators グループのメンバーであるアカウントでログインする必要があります。このグループの詳細については、「AWS 管理対象の Microsoft AD アクティブディレクトリで作成されるもの」を参照してください。

代わりの UPN サフィックスを追加するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. AWS Managed Microsoft AD ディレクトリに結合している Amazon EC2 インスタンスを探します。対象のインスタンスを選択し、[Connect] (接続) をクリックします。

  3. サーバーマネージャー のウィンドウで、[Tools] (ツール) をクリックします。次に、[Active Directory Domains and Trusts] (Active Directory のドメインと信頼) を選択します。

  4. 左側のペインで、[Active Directory Domains and Trusts] (Active Directory のドメインと信頼) を右クリックし、[Properties] (プロパティ) を選択します。

  5. [UPN Suffixes] (UPN サフィックス) タブで、代わりの UPN サフィックス (sales.example.com など) を入力します。[Add] (追加)、[Apply] (適用) の順に選択します。

  6. 代わりの UPN サフィックスをさらに追加する必要がある場合は、必要な UPN サフィックスを得られるまでステップ 5 を繰り返します。