AWS Managed Microsoft AD のユースケース - AWS Directory Service

AWS Managed Microsoft AD のユースケース

AWS Managed Microsoft AD では、1 つのディレクトリを複数のユースケースで共有できます。例えば、1 つのディレクトリを共有して、NET アプリケーションや Windows 認証が有効になっている Amazon RDS for SQL Server、メッセージングおよびビデオ会議用の Amazon Chime へのアクセスを認証および承認できます。

次の図に、AWS Managed Microsoft AD ディレクトリのユースケースの一部を示します。これには、外部のクラウドアプリケーションへのアクセス権限をユーザーに付与したり、オンプレミスの Active Directory ユーザーが AWS クラウドのリソースにアクセスして管理を行うことを許可する機能が含まれます。


      AWS Managed Microsoft AD ディレクトリのユースケースには、外部のクラウドアプリケーションへのアクセス権限をユーザーに付与したり、オンプレミスの Active Directory ユーザーが AWS クラウドのリソースにアクセスして管理を行うことを許可する機能が含まれます。

次のいずれかのビジネスのユースケースで AWS Managed Microsoft AD を使用します。