ユースケース 6: ディレクトリを共有して、Amazon EC2 AWS インスタンスをアカウント間でドメインにシームレスに結合する - AWS Directory Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ユースケース 6: ディレクトリを共有して、Amazon EC2 AWS インスタンスをアカウント間でドメインにシームレスに結合する

AWS ディレクトリを複数のアカウントで共有すると、アカウントやVPC ごとにディレクトリを操作しなくても、Amazon AWS EC2などのサービスを簡単に管理できます。この操作では、 AWS リージョン内の任意の AWS アカウントおよび Amazon VPC からディレクトリを使用できます。この機能により、複数のアカウントと VPC 間で単一のディレクトリを使用して、ディレクトリ対応のワークロードを優れたコスト効果で簡単に管理できます。例えば、単一の AWS Managed Microsoft AD ディレクトリを使用して、EC2 インスタンスにデプロイした Windows ワークロードを複数のアカウントと VPC 間で簡単に管理することができるようになりました。

AWS マネージド Microsoft AD AWS ディレクトリを別のアカウントと共有する場合、Amazon EC2 コンソールを使用するかAWS Systems Manager、 AWS アカウントとリージョン内の任意の Amazon VPC からインスタンスをシームレスに参加させることができます。各アカウントや VPC でディレクトリをデプロイしたり、手動でドメインにインスタンスを結合する必要がなくなるため、EC2 インスタンスにディレクトリ対応のワークロードを迅速にデプロイできます。詳細については、「ディレクトリの共有」を参照してください。