AWS Database Migration Service
ステップバイステップ移行ガイド (API バージョン 2016-01-01)

オンプレミス Oracle データベースの Amazon Aurora MySQL への移行

AWS Database Migration Service (AWS DMS) と AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用して、オンプレミス Oracle データベース (ソースエンドポイント) を MySQL と互換性がある Amazon Aurora (ターゲットエンドポイント) に移行するプロセスについて、概略と詳細なステップバイステップガイドの両方を以下に示します。

AWS DMS は、Oracle ソースから Aurora MySQL ターゲットにデータを移行します。また、AWS DMS は、ソースデータベースでのデータ操作言語 (DML) とサポートされるデータ定義言語 (DDL) の変更をキャプチャしてターゲットデータベースに適用します。このようにして、AWS DMS はソースデータベースとターゲットデータベース間の同期を常に維持します。データ移行を容易にするために、DMS では、必要に応じてターゲットデータベースでテーブルとプライマリキーインデックスを作成します。

ただし、AWS DMS は、セカンダリインデックス、シーケンス、デフォルト値、ストアドプロシージャ、トリガー、シノニム、ビューなど、データ移行に特に関係ないスキーマオブジェクトは移行しません。これらのオブジェクトを Aurora MySQL ターゲットに移行するには、AWS Schema Conversion Tool を使用します。

Amazon サンプルデータベースを使用して手順どおりに移行を進めることを強くお勧めします。サンプルデータベースの使用方法のチュートリアルとサンプルデータベースのコピーの取得方法については、「移行のサンプルデータベースを使用する」を参照してください。

AWS DMS を以前に使用した経験がある場合や、マウスをクリックして読みながら移行を進める場合は、概略を参照してください。詳細を確認しながら移行を進めたり、質問の回答を探したりする場合は、ステップバイステップガイドを参照してください。

トピック: オンプレミス Oracle から Aurora MySQL または Amazon RDS の MySQL への移行

時間:

料金:

ソースデータベース: Oracle

ターゲットデータベース: Amazon Aurora MySQL/MySQL

制限:

Oracle エディション: Enterprise、Standard、Express および Personal

Oracle バージョン: 10g (10.2 以降)、11g、12c、(Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、11g 以上が必要)

MySQL または関連データベースバージョン: 5.5、5.6、5.7、MariaDB、Amazon Aurora MySQL

コスト

AWS DMS はまだ見積りツールに組み込まれていないため、料金の見積りについては以下の表を参照してください。

移行プロセスを完了するには、PC のセットアップに加えて AWS のいくつかのコンポーネントを作成する必要があります。AWS のコンポーネントは以下のとおりです。

AWS サービス

タイプ

説明

Amazon Aurora MySQL DB インスタンス

db.r3.large

シングル AZ、10 GB のストレージ、100 万 I/O

AWS DMS レプリケーションインスタンス

T2.large

50 GB のストレージ (レプリケーションログの保持用を含む)

AWS DMS データ転送

無料 (サンプルデータベースのデータ転送量に基づく)

データ発信

毎月 1 GB まで無料

このページの内容: