AWS Database Migration Service
ユーザーガイド (Version API Version 2016-01-01)

DMS と Snowball Edge を使用した大規模データ移行の概要

AWS DMS および AWS Snowball Edge を使用するプロセスには、オンプレミスアプリケーションと Amazon が管理するサービスの両方が組み込まれています。用語のローカルおよびリモートは、これらのコンポーネントを区別するために使用されます。

ローカルコンポーネントには次が含まれています。

  • AWS SCT

  • AWS DMS エージェント (オンプレミスで作動する AWS DMS のローカルバージョン)

  • Snowball Edge デバイス

リモートコンポーネントには次が含まれています。

  • Amazon S3

  • AWS DMS

以下のセクションには、1 つ以上の Edge デバイスを使用して AWS DMS 移行を設定、インストール、管理するステップバイステップガイドがあります。

次の図に示しているのは、この移行プロセスの概要です。


				AWS Database Migration Service と Edge デバイスプロセス

移行には、DMS エージェントを使用して Edge デバイスにデータを移動するローカルなタスクが含まれています。Edge デバイスがロードされたら、デバイスを AWS に返送します。複数の Edge デバイスがある場合には、一時または別々に返送することができます。AWS が Edge デバイスを受け取ると、AWS DMS を使用したリモートタスクで AWS のターゲットデータストアにデータがロードされます。

ローカルデータストアから AWS データストアに移行するには、次の手順を実行します。

  1. AWS Snowball マネジメントコンソール を使用して、[Snowball Edge Storage Optimized] で S3 にデータをインポートする新しいジョブを作成します。ジョブには、お客様の住所にデバイスを送信するリクエストが含まれます。

  2. AWS にアクセスできるローカルマシンで AWS SCT をセットアップします。別のローカルマシンに Snowball Edge クライアントをインストールします。

  3. Edge デバイスが到着したら、電源を入れて接続し、クライアントツールでロックを解除します。ステップバイステップの手順については、『AWS Snowball Edge 開発者ガイド』の「AWS Snowball Edge の開始方法」を参照してください。

  4. データソース用 Open Database Connectivity (ODBC) ドライバをインストールします。Edge クライアントツールがあるマシンにこれらを配置します。

  5. Edge クライアントツールがあるマシンにホストされる AWS DMS エージェントをインストールして設定します。

    DMS エージェントには、ソースデータベース、AWS SCT、AWS および Snowball Edge に接続できることが必要です。DMS エージェントは次の Linux プラットフォームのみでサポートされます。

    • Red Hat Enterprise Linux バージョン 6.2~6.8、7.0、7.1 (64 ビット)

    • SUSE Linux バージョン 12 (64 ビット)

    DMS エージェントは AWS SCT インストールパッケージに含まれていますが、これらを同じ場所に配置しないことが最適です。DMS エージェントを別のマシン (AWS SCT がインストールされているマシンではなく) にインストールすることが推奨されます。

  6. AWS SCT で新しいプロジェクトを作成します。

  7. Snowball Edge デバイスを使用するように AWS SCT を設定します。

  8. AWS SCT に DMS エージェントを登録します。

  9. SCT でローカルおよび DMS タスクを作成します。

  10. SCT でタスクを実行してモニタリングします。