移行前の評価の実行の指定、開始、および表示 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

移行前の評価の実行の指定、開始、および表示

移行前の評価の実行では、新規または既存の移行タスク構成に基づいて実行する 1 つ以上の個別の評価を指定します。個々の評価では、移行タイプ、サポートされるオブジェクト、インデックス構成、および移行するスキーマおよびテーブルを識別するためのテーブルマッピングなどのタスク設定などの考慮事項に応じて、ソースまたはターゲットデータベースの特定の要素を評価します。たとえば、個々の評価では、移行できるソースデータタイプまたはプライマリキー形式がどのソースデータタイプまたは移行できないかを評価できます。AWS DMSエンジンバージョン。

評価を個別に指定する

次の表に、構成に基づいて特定の移行タスクに適用できる個々の評価の簡単な概要を示します。個々の評価の中から、タスク設定に適用可能な新しい評価の実行に含めることができます。

評価名 (コンソールと API) 説明 ソースはリレーショナルである必要があります ターゲットはリレーショナルである必要があります ターゲットは次のようになっている必要がありますOpenSearchサービス ターゲットは DynamoDB でなければなりません マイグレーションタイプは CDC を実行する必要があります 該当AWS DMSエンジンバージョン

コンソール — サポートされていないデータ型

API —unsupported-data-types-in-source

でサポートされていないデータ型をチェックします。AWS DMSソースエンドポイントで展開します。エンジン間ですべてのデータ型を移行できるわけではありません。

サポートされているすべてのバージョン

コンソール — ラージオブジェクト (LOB) が使用されますが、ターゲット LOB 列は NULL 入力できません

API —full-lob-not-nullable-at-target

フル LOB モードまたはインライン LOB モードが使用されている場合に、ターゲット内の LOB カラムのNULL可能性をチェックします。AWS DMSこれらの LOB モードを使用する場合は、LOB カラムを NULL にする必要があります。

X

X

サポートされているすべてのバージョン

コンソール — LOB はあるが、プライマリキーまたは一意制約のないソーステーブル

API —table-with-lob-but-without-primary-key-or-unique-constraint

LOB を持つが、プライマリキーまたは一意キーのないソーステーブルが存在するかどうかをチェックします。現在、テーブルには、次のプライマリキーまたは一意キーが必要ですAWS DMSLOB を移行します。

X

サポートされているすべてのバージョン

コンソール — CDC、またはフルロードおよび CDC タスクのみ、プライマリキーのないソーステーブル

API —table-with-no-primary-key-or-unique-constraint

フルロードおよび変更データキャプチャ (CDC) 移行または CDC のみの移行のソーステーブルにプライマリキーまたは一意キーが存在するかどうかをチェックします。プライマリキーまたは一意キーがないと、CDC の移行中にパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

X

X

サポートされているすべてのバージョン

Console — CDC タスク用のプライマリキーのないターゲットテーブルのみ

API —target-table-has-unique-key-or-primary-key-for-cdc

CDC のみの移行で、すでに作成されたターゲットテーブルに、プライマリキーまたは一意キーが存在するかどうかをチェックします。プライマリキーまたは一意キーがないと、次の場合にターゲットで完全なテーブルスキャンが発生する可能性があります。AWS DMSは、CDC の移行中にパフォーマンスの問題が発生する更新および削除を適用します。

X

X

サポートされているすべてのバージョン

コンソール — サポートされていないソースプライマリキーのタイプ-複合プライマリキー

API —unsupported-source-pk-type-for-elasticsearch-target

Amazon に移行するときに、ソーステーブルに複合プライマリキーが存在するかどうかをチェックします。OpenSearchサービス (OpenSearchサービス)。ソーステーブルのプライマリキーは、1 つの列のみで構成する必要があります。

X

X

サポートされているすべてのバージョン

注記

AWS DMSは、ソースデータベースへの移行をサポートします。OpenSearchソースプライマリキーが複数の列で構成されているサービスターゲット。

AWS DMSは、次のリレーショナルデータベースの事前移行評価の実行をサポートします。

  • Oracle

  • SQL Server

  • PostgreSQL

  • MySQL

  • MariaDB

  • Amazon Aurora

移行前の評価の実行の開始と表示

新しい移行タスクまたは既存の移行タスクに対する事前移行評価の実行を開始するには、AWS DMSマネジメントコンソール、AWS CLIであり、AWS DMSアピ。

移行前の評価を開始するには、新規または既存のタスクに対して実行します。

  1. [] からデータベース移行タスクのページに追加します。AWS DMSマネジメントコンソールで、次のいずれかを実行します。

    • [タスクの作成] を選択します。-データベース移行タスクの作成ページが開きます。

      1. テーブルマッピングなど、タスクの作成に必要なタスク設定を入力します。

      2. 移行前の評価セクションで、移行前の評価の実行を有効にする。セクションが展開され、新しいタスクに対する評価の実行を指定するオプションが表示されます。

      注記

      新しいタスクを作成するときに、事前移行評価の実行を有効にすると、タスクの作成時にタスクを自動的に開始するオプションが無効になります。評価の実行が完了したら、タスクを手動で開始できます。

    • [識別子上の既存のタスクに対してデータベース移行タスクページで. 選択した既存のタスクのタスクページが開きます。

      1. 選択アクション[] を選択し、移行前の評価を作成する。ある移行前の評価を作成するページが開き、既存のタスクに対する評価の実行を指定するオプションが表示されます。

    以下のオプションが含まれます。

  2. 評価の実行の一意の名前を入力します。

  3. この評価の実行に含める使用可能な個別の評価を選択します。現在のタスク設定に基づいて、使用可能な個別のアセスメントのみを選択できます。デフォルトでは、使用可能なすべての個別評価が有効になり、選択されます。この評価の実行では、他のすべての個別の評価は無効になります。

  4. 評価結果レポートを保存するために、アカウント内の Amazon S3 バケットとフォルダを検索して選択します。

  5. 選択した Amazon S3 バケットおよびフォルダへの完全なアカウントアクセス権を持つ IAM ロールを選択または入力します。

  6. 必要に応じて、Amazon S3 バケットの評価結果レポートを暗号化する設定を選択します。

  7. 選択タスクの作成新しいタスクを実行するか、作成既存のタスクの場合。

    -データベース移行タスクページが開き、新規または変更されたタスクがリストされます。ステータス作成中...およびタスクの作成後に移行前の評価の実行が開始されることを示すバナーメッセージが表示されます。

AWS DMSを使用して、マイグレーション前の最新および以前のすべての事前評価の実行へのアクセスを提供します。AWS DMSマネジメントコンソール、AWS CLI、またはAWS DMSアピ。

最新の評価の実行結果を表示するには

  1. [] からAWS DMSマネジメントコンソールで識別子上の既存のタスクについてデータベース移行タスクページで. 既存のタスクのタスクページが開きます。

  2. [移行前の評価[] タブで [既存のタスク] ページで [] をクリックします。これにより、最新の評価結果このページのセクションには、このタスクの最新の評価の実行結果が表示されます。

これらの評価の実行結果は、最新の評価の実行名とそのステータスの概要から始まり、指定された個々の評価とそのステータスのリストが続きます。次に、リスト内の名前を選択して、個々の評価のステータスの詳細を調べることができます。結果は、テーブルの列レベルまで表示されます。

アセスメント実行のステータス概要と個々の評価の両方に、ステータス値. この値は、評価の実行の全体的なステータスと、個々の評価の同様のステータスを示します。以下のリストに示しているのは、ステータス評価の実行の値:

  • "cancelling"— 評価の実行はキャンセルされました。

  • "deleting"— 評価の実行は削除されました。

  • "failed"— 少なくとも 1 つの個別のアセスメントがfailedstatus。

  • "error-provisioning"— リソースのプロビジョニング中に内部エラーが発生しました (provisioningstatus)。

  • "error-executing"— 個々の評価の実行中に内部エラーが発生しました (runningstatus)。

  • "invalid state"— 評価の実行の状態が不明です。

  • "passed"— 個々のアセスメントはすべて完了しており、failedstatus。

  • "provisioning"— 個々のアセスメントの実行に必要なリソースがプロビジョニングされています。

  • "running"— 個別のアセスメントが実行されている。

  • "starting"— 評価の実行が開始されていますが、個々の評価に対してリソースがまだプロビジョニングされていません。

以下のリストに示しているのは、ステータス評価の実行の個々の評価の値は次のとおりです。

  • "cancelled"— 個々の評価は、評価の実行をキャンセルする一環としてキャンセルされました。

  • "error"— 個々の評価は正常に完了しませんでした。

  • "failed"— 個々の評価が正常に完了し、検証結果が失敗しました。詳細については、結果の詳細を参照してください。

  • "invalid state"— 個々の評価の状態が不明です。

  • "passed"— 個々の評価が成功した検証結果で完了しました。

  • "pending"— 個々の評価の実行を待っています。

  • "running"— 個々のアセスメントが実行中です。

  • "warning"— 個々の評価は警告検証結果で正常に完了しました。詳細については、結果の詳細を参照してください。

また、Amazon S3 評価の実行結果の JSON ファイルを表示することもできます。

Amazon S3 で実行される評価の JSON ファイルを表示するには

  1. [] からAWS DMSマネジメントコンソールで、ステータス概要に表示される Amazon S3 バケットリンクを選択します。これにより、バケットフォルダと、バケットに格納されている他の Amazon S3 オブジェクトのリストが表示されます。結果がバケットフォルダに保存されている場合は、フォルダを開きます。

  2. 評価の実行結果は、いくつかの JSON ファイルで確認できます。あるsummary.jsonファイルには、評価実行の全体的な結果が含まれています。残りのファイルは、それぞれ評価の実行に指定された個別のアセスメントの名前が付けられます。unsupported-data-types-in-source.json。これらのファイルには、選択した評価の実行からの対応する個別の評価の結果が含まれます。

以前のすべての評価実行の結果を表示するには

  1. 選択以前の評価結果の下で最新の評価結果セクションに追加します。これは、以前のアセスメント実行のリストを名前順に逆順に表示します。

  2. 結果を表示する以前の評価の実行の名前を選択します。選択したアセスメント実行のステータスの概要と個々の評価結果は、最新の評価結果セクションに追加します。

  3. その後、最初に示した最新の評価結果と同じ方法で、選択した評価の実行結果を表示できます。

既存の移行タスクに対する事前移行評価の実行を開始し、結果を表示するには、次の CLI コマンドを実行します。AWS DMSAPI オペレーション: