データ型評価の開始と表示 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データ型評価の開始と表示

データ型評価は、正しく移行されない可能性があるソースデータベースのデータ型を識別します。この評価では、AWS DMSは、移行タスクのソースデータベーススキーマを読み取り、カラムのデータ型のリストを作成します。次に、このリストが、でサポートされているデータ型の事前に定義されたリストと比較されます。AWS DMS。AWS DMSは、移行タスクにサポートされていないデータ型があるかどうかを確認できるレポートが作成されます。

AWS DMSは、次のリレーショナルデータベースのデータ型評価レポートの作成をサポートしています。

  • Oracle

  • SQL Server

  • PostgreSQL

  • MySQL

  • MariaDB

  • Amazon Aurora

CLI と SDK を使用して、データタイプ評価レポートを開始および表示できます。AWS DMSAPI:

最新のデータタイプ評価レポートは、AWS DMSマネジメントコンソール。

データ型評価レポートは、サポートされていないデータ型と、各データ型の列数を一覧表示する単一の JSON ファイルです。また、サポートされていないデータ型のスキーマ、テーブル、列など、サポートされていない各データ型のデータ構造のリストが含まれます。このレポートを使用してソースデータ型を変更し、移行プロセスを向上させることができます。

サポートされていないデータ型のレベルは 2 つあります。レポートに「サポートされていない」と表示されたデータ型を移行することはできません。レポートに部分的にサポートされているデータ型は別のデータ型に変換できる場合もありますが、予期どおり移行されない可能性があります。

次の例は、表示する可能性があるデータ型の評価レポートの例を示しています。

{ "summary":{ "task-name":"test15", "not-supported":{ "data-type": [ "sql-variant" ], "column-count":3 }, "partially-supported":{ "data-type":[ "float8", "jsonb" ], "column-count":2 } }, "types":[ { "data-type":"float8", "support-level":"partially-supported", "schemas":[ { "schema-name":"schema1", "tables":[ { "table-name":"table1", "columns":[ "column1", "column2" ] }, { "table-name":"table2", "columns":[ "column3", "column4" ] } ] }, { "schema-name":"schema2", "tables":[ { "table-name":"table3", "columns":[ "column5", "column6" ] }, { "table-name":"table4", "columns":[ "column7", "column8" ] } ] } ] }, { "datatype":"int8", "support-level":"partially-supported", "schemas":[ { "schema-name":"schema1", "tables":[ { "table-name":"table1", "columns":[ "column9", "column10" ] }, { "table-name":"table2", "columns":[ "column11", "column12" ] } ] } ] } ] }

から最新のデータタイプ評価レポートを表示するにはAWS DMS管理コンソール、評価の結果タブを選択すると、タスクページが開きます。識別子上の特定のタスクに対してデータベース移行タスクページで.

AWS DMSまた、によって作成された Amazon S3 バケットに、最新および以前のすべてのデータタイプの評価を保存します。AWS DMSアカウントに追加します。Amazon S3 バケット名は次の形式になります。CustomerIdお客様 ID ですかCustomerDNSは内部識別子です。

dms-customerId-customerDNS
注記

デフォルトでは、お客様のそれぞれに最大 100 個の Amazon S3 バケットを作成できます。AWSアカウント。なぜならAWS DMSは、お客様のアカウントにバケットを作成します。バケットの制限を超えることがないようにしてください。そうしないと、データ型の評価は失敗します。

特定の移行タスクのデータ型評価レポートはすべて、タスク識別子を持つ名前のバケットフォルダに格納されます。各レポートのファイル名は、次の形式でデータ型の評価日です。yyyy-mm-dd-うーん。Amazon S3 マネジメントコンソールから、以前のデータ型の評価レポートを表示、比較できます。

AWS DMSも作成します。AWS Identity and Access Management(IAM) ロールは、これらのレポート用に作成された S3 バケットへのアクセスを許可します。ロール名は dms-access-for-tasks です。このロールでは AmazonDMSRedshiftS3Role ポリシーが使用されます。