Amazon DocumentDB
開発者ガイド

クラスタースナップショットの削除

手動スナップショットは、AWS マネジメントコンソール または AWS CLI を使用して手動で削除するときのみ削除される、完全バックアップです。自動スナップショットを手動で削除することはできません。自動スナップショットが削除されるのは、スナップショットの保持期間が終了したときか、スナップショットのクラスターを削除したときのみです。

AWS マネジメントコンソール の使用

コンソールを使用して、手動クラスタースナップショットを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/docdb で Amazon DocumentDB コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

    ヒント

    画面の左側にナビゲーションペインが表示されない場合は、ページの左上隅にあるメニューアイコン () を選択します。

  3. スナップショットのリストで、削除するスナップショットの左側にあるボタンを選択します。スナップショットのタイプは [手動] であることが必要です。

  4. [Actions] メニューで、[Delete] を選択します。[削除] オプションが使用できない場合、自動スナップショットを選択した可能性があります。

  5. 削除の確認画面でスナップショットを削除するには、[削除] を選択します。スナップショットを保持するには、[キャンセル] を選択します。

AWS CLI の使用

Amazon DocumentDB の手動クラスタースナップショットは、AWS CLI を使用して手動で削除することができる完全なバックアップです。自動スナップショットを手動で削除することはできません。

AWS CLI を使用して手動クラスタースナップショットを削除するには、以下のパラメータを指定して delete-db-cluster-snapshot オペレーションを使用します。

パラメータ

  • --db-cluster-snapshot-identifier — 必須。削除する手動スナップショットの名前。

以下の例では、クラスタースナップショット sample-cluster-snapshot を削除します。

複数 Linux、macOS、または Unix:

aws docdb delete-db-cluster-snapshot \ --db-cluster-snapshot-identifier sample-cluster-snapshot

複数 Windows:

aws docdb delete-db-cluster-snapshot ^ --db-cluster-snapshot-identifier sample-cluster-snapshot

このオペレーションによる出力は、次のようになります (JSON 形式)。

{ "DBClusterSnapshot": { "DBClusterIdentifier": "sample-cluster", "Port": 0, "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:012345678901:key/EXAMPLE-KMS-KEY-ID", "Status": "available", "SnapshotCreateTime": "2018-11-05T21:25:34.841Z", "MasterUsername": "user-name", "PercentProgress": 100, "ClusterCreateTime": "2018-11-05T21:01:18.946Z", "DBClusterSnapshotIdentifier": "sample-cluster-snapshot", "Engine": "docdb", "EngineVersion": "3.6.0", "VpcId": "vpc-91280df6", "DBClusterSnapshotArn": "arn:aws:rds:us-east-1:012345678901:cluster-snapshot:sample-cluster-snapshot", "SnapshotType": "manual", "AvailabilityZones": [ "us-east-1a", "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d", "us-east-1e", "us-east-1f" ], "StorageEncrypted": true } }