特定時点への復元 - Amazon DocumentDB

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

特定時点への復元

クラスタのバックアップ保存期間内の任意のポイント イン タイムにクラスタをリストアするには、 AWS マネジメントコンソール または AWS Command Line Interface (AWS CLI)。

クラスターを特定時点に復元するときには、以下の点を考慮します。

  • 新しいクラスターは、デフォルトのパラメータグループを使用して作成されることを除いて、ソースクラスターと同じ設定で作成されます。新しいクラスタのパラメータ グループをソースクラスタのパラメータ グループに設定するには、クラスタを 利用可能. クラスターの変更の詳細については、「」を参照してください。Amazon DocumentDB クラスターの変更.

を使用してポイントインタイムに復元するAWS マネジメントコンソール

を使用して以下を完了すると、クラスターをバックアップ保持期間内のポイントインタイムに復元できます。AWS マネジメントコンソール.

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/docdb で Amazon DocumentDB コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 クラスタ. クラスターのリストで、復元するクラスターの左側にあるボタンを選択します。

    ヒント

    画面の左側にナビゲーションペインが表示されない場合は、ページの左上隅にあるメニューアイコン () を選択します。

  3. アクション メニュー、選択 ポイント イン タイムに復元.

  4. 以下を完了します リストア時間 リストア先の日時を指定するセクション。

    1. 復元日—_の間の日付を選択または入力してください 最も早いリストア時間 および 最も遅いリストア時間.

    2. リストア時間—時間、分、秒を選択または入力します。 最も早いリストア時間 および 最も遅いリストア時間.

  5. 以下を完了します 構成 セクション。

    1. クラスタ識別子 — デフォルトの識別子を受け入れるか、希望する識別子を入力します。

      クラスターの名前付けの制約:

      • 長さは [1—63] 文字、数字、またはハイフン。

      • 1 字目は文字である必要があります。

      • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

      • 全体のすべてのクラスタに対して一意である必要があります Amazon RDS、 Neptune および Amazon DocumentDB AWSアカウントごと、地域ごと。

    2. インスタンスクラス — ドロップダウン リストから、クラスタのインスタンスに使用するインスタンス クラスを選択します。

    3. インスタンス数 — ドロップダウン リストから、クラスタのリストア時に作成するインスタンスの数を選択します。

  6. (オプション) ネットワーク設定、クラスタオプションを構成し、ログエクスポートを有効にするには、 詳細設定を表示その後、以下のセクションに記入します。それ以外の場合は、次のステップに進みます。

    • ネットワーク設定

      1. 仮想プライベートクラウド(VPC) — ドロップダウン リストから、このクラスタに使用する VPC を選択します。

      2. サブネットグループ — ドロップダウン リストから、このクラスタのサブネット グループを選択します。

      3. VPCセキュリティグループ — ドロップダウン リストから、このクラスタの VPC セキュリティ グループを選択します。

       

    • クラスターオプション

      1. ポート — デフォルト・ポート(27017)を受け入れるか、上矢印と下矢印を使用して、このクラスタと通信するためのポートを設定します。

       

    • ログのエクスポート

      1. 監査ログ — 監査ログのエクスポートを有効にするには、このオプションを選択します。 Amazon CloudWatch Logs. このオプションを選択した場合は、クラスターのカスタムパラメータグループで audit_logs を有効にする必要があります。詳細については、「」を参照してください。Amazon DocumentDB 監査イベント.

      2. プロファイラ ログ — 操作プロファイラ ログのエクスポートを有効にするには、このオプションを選択します。 Amazon CloudWatch Logs. このオプションを選択した場合は、クラスターのカスタムパラメータグループの次のパラメータも変更する必要があります。

        • profiler — に設定 enabled.

        • profiler_threshold_ms — 値に設定 [0-INT_MAX] プロファイリング操作の閾値を設定します。

        • profiler_sampling_rate — プロファイルする低速オペレーションの割合を設定するには、[0.0-1.0] の値に設定します。

        詳細については、「」を参照してください。Profiling Amazon DocumentDB Operations.

      3. プロファイラ ログ — プロファイラ ログを Amazon CloudWatch にエクスポート

      4. IAM 役割 — ドロップダウン リストから、 RDSサービスリンクロール.

    • Tags (タグ)

      1. タグの追加 — の キー ]ボックスで、クラスタのタグの名前を入力します。の ]ボックスで、オプションでタグ値を入力します。タグは AWS Identity and Access Management (IAM) へのアクセスを管理するためのポリシー Amazon DocumentDB リソースに適用できるアクションを制御できます。

    • 削除保護

      1. 削除保護を有効にする — クラスタが誤って削除されないように保護します。このオプションが有効になっていると、クラスターを削除できません。

  7. クラスタを復元するには、 クラスタの作成. または、 キャンセル 操作をキャンセルします。

を使用してポイントインタイムに復元するAWS CLI

スナップショットのバックアップ保持期間を使用して特定時点にクラスターを復元するには、以下のパラメータを指定して restore-db-cluster-to-point-in-time オペレーションを使用します。

  • --db-cluster-identifier — 必須。作成する新しいクラスターの名前。このクラスターは、オペレーションの前に存在することはできません。パラメータ値は以下の制約を満たす必要があります。

    クラスターの名前付けの制約:

    • 長さは [1—63] 文字、数字、またはハイフン。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

    • 全体のすべてのクラスタに対して一意である必要があります Amazon RDS、 Neptune および Amazon DocumentDB AWSアカウントごと、地域ごと。

  • --restore-to-time — クラスタを復元する UTC 日時。たとえば、 と指定します。2018-06-07T23:45:00Z.

    時間の制約:

    • クラスターの復元可能な最新時刻より前である必要があります。

    • 次の場合に指定する必要があります: --use-latest-restorable-time パラメータが指定されていません。

    • パラメータが --use-latest-restorable-time である場合は、指定することはできません。true.

    • パラメータ値が --restore-type である場合は、指定することはできません。copy-on-write.

  • --source-db-cluster-identifier — リストア元のソース クラスタの名前。このクラスターは存在していて、使用可能である必要があります。

  • --use-latest-restorable-time または --no-use-latest-restorable-time — 最新のリストア可能なバックアップ時間にリストアするかどうか。次の場合、指定できません: --restore-to-time パラメータが提供されています。

は、 AWS CLI 操作 restore-db-cluster-to-point-in-time はクラスタのみをリストアします。そのクラスタのインスタンスはリストアしません。_を呼び出す必要があります create-db-instance リストアされたクラスタのインスタンスを作成するには、 でリストアされたクラスタの識別子を指定します。 --db-cluster-identifier。 インスタンスを作成できるのは、 restore-db-cluster-to-point-in-time 操作が完了し、リストアされたクラスタは 利用可能.

次の例では、 sample-cluster-restored スナップショットから sample-cluster-snapshot 最新の復元可能時間まで。

複数 Linux、macOS、または Unix:

aws docdb restore-db-cluster-to-point-in-time \ --db-cluster-identifier sample-cluster-restored \ --source-db-cluster-identifier sample-cluster-snapshot \ --use-latest-restorable-time

複数 Windows:

aws docdb restore-db-cluster-to-point-in-time ^ --db-cluster-identifier sample-cluster-restored ^ --source-db-cluster-identifier sample-cluster-snapshot ^ --use-latest-restorable-time

次の例では、 sample-cluster-restored スナップショットから sample-cluster-snapshot 2018年12月11日(UTC)の3:15まで。 sample-cluster.

複数 Linux、macOS、または Unix:

aws docdb restore-db-cluster-to-point-in-time \ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore \ --source-db-cluster-identifier sample-cluster \ --restore-to-time 2020-05-12T03:15:00Z

複数 Windows:

aws docdb restore-db-cluster-to-point-in-time ^ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore ^ --source-db-cluster-identifier sample-cluster ^ --restore-to-time 2020-05-12T03:15:00Z

このオペレーションによる出力は、次のようになります。

{ "DBCluster": { "AvailabilityZones": [ "us-east-1c", "us-west-2b", "us-west-2a" ], "BackupRetentionPeriod": 1, "DBClusterIdentifier": "sample-cluster-restored", "DBClusterParameterGroup": "sample-parameter-group", "DBSubnetGroup": "default", "Status": "creating", "Endpoint": "sample-cluster-restored.node.us-east-1.docdb.amazonaws.com", "ReaderEndpoint": "sample-cluster-restored.node.us-east-1.docdb.amazonaws.com", "MultiAZ": false, "Engine": "docdb", "EngineVersion": "3.6.0", "Port": 27017, "MasterUsername": "master-user", "PreferredBackupWindow": "02:00-02:30", "PreferredMaintenanceWindow": "tue:09:50-tue:10:20", "DBClusterMembers": [], "VpcSecurityGroups": [ { "VpcSecurityGroupId": "sg-abc0123", "Status": "active" } ], "HostedZoneId": "ABCDEFGHIJKLM", "StorageEncrypted": true, "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:<accountID^>:key/sample-key", "DbClusterResourceId": "cluster-ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ", "DBClusterArn": "arn:aws:rds:us-east-1:<accountID>:cluster:sample-cluster-restored", "AssociatedRoles": [], "ClusterCreateTime": "2020-04-24T20:14:36.713Z", "DeletionProtection": false } }