クラスタースナップショットからの復元 - Amazon DocumentDB

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

クラスタースナップショットからの復元

Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) によって、ストレージボリュームのクラスタースナップショットが作成されます。クラスタースナップショットから復元することで、新しいクラスターを作成できます。クラスターを復元するときは、復元元のクラスタースナップショットの名前と、復元によって作成される新しいクラスターの名前を指定します。スナップショットから既存のクラスターに復元することはできません。復元時に新しいクラスターが作成されるためです。

クラスタースナップショットからクラスターを復元する場合:

  • このアクションではクラスターのみを復元し、そのクラスターのインスタンスは復元しません。復元されたクラスターのインスタンスを作成するには、create-db-instance アクションを呼び出し、復元するクラスターの識別子を --db-cluster-identifier に指定する必要があります。インスタンスを作成できるのは、クラスターが使用可能になった後のみです。

  • 暗号化されたスナップショットを暗号化されていないクラスターに復元することはできません。ただし、AWS KMS キーを指定することで、暗号化されていないスナップショットを暗号化されたクラスターに復元することはできます。

  • 暗号化されたスナップショットからクラスターを復元するには、AWS KMS キーにアクセスできる必要があります。

注記

3.6 クラスターを 4.0 クラスターに復元することはできませんが、あるクラスターバージョンから別のクラスターバージョンに移行することはできます。詳細については、「 への移行Amazon DocumentDB」を参照してください。

AWS マネジメントコンソール によるクラスタースナップショットからの復元

次の手順は、Amazon DocumentDB 管理コンソールを使用して Amazon DocumentDB クラスタースナップショットからクラスターを復元する方法を示しています。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/docdb で Amazon DocumentDB コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[スナップショット] を選択し、クラスターの復元に使用するスナップショットの左側にあるボタンを選択します。

    ヒント

    画面の左側にナビゲーションペインが表示されない場合は、ページの左上隅にあるメニューアイコン () を選択します。

  3. [アクション] メニューで、[復元] を選択します。

  4. [スナップショットの復元] ページで、[設定] セクションに入力します。

    1. クラスター識別子 — 新しいクラスターの名前。Amazon DocumentDB が指定した名前をそのまま使用するか、希望する名前を入力します。Amazon DocumentDB 指定の名前は、docdb- に UTC タイムスタンプを付加した形式 (例: docdb-yyyy-mm-dd-hh-mm-ss) です。

    2. インスタンスクラス — 新しいクラスターのインスタンスクラス。デフォルトのインスタンスクラスをそのまま使用することも、ドロップダウンリストからインスタンスクラスを選択することもできます。

    3. インスタンス数 — このクラスターで作成するインスタンスの数。デフォルトの 3 つのインスタンス (プライマリ読み取り/書き込みレプリカ 1 つ、読み取り専用レプリカ 2 つ) をそのまま使用するか、ドロップダウンリストからインスタンス数を選択できます。

  5. クラスター設定に問題がなければ、[Restore cluster (クラスターの復元)] を選択し、クラスターが復元されるのを待ちます。

  6. デフォルト以外 Amazon VPC やセキュリティグループの指定など、一部の設定を変更する場合は、ページの左下にある [Show advanced settings (詳細設定の表示)] を選択し、以下のステップに進みます。

    1. [Network settings (ネットワーク設定)] セクションに入力します。

      • Virtual Private Cloud (VPC) — 現在の VPC を使用するか、ドロップダウンリストから VPC を選択します。

      • サブネットグループdefault サブネットグループを使用するか、ドロップダウンリストからいずれかのサブネットグループを選択します。

      • VPC セキュリティグループdefault (VPC) セキュリティグループを使用するか、リストからいずれのセキュリティグループを選択します。

    2. [Cluster options (クラスターオプション)] セクションに入力します。

      • データベースポート — デフォルトのポート 27017 を使用するか、上下の矢印を使用してアプリケーション接続に使用するポートを設定します。

    3. [Encryption (暗号化)] セクションに入力します。

      • Encryption at rest (保管時に暗号化) — スナップショットが暗号化されている場合、ここでのオプションは使用できません。暗号化されていない場合は、以下のいずれかを選択できます。

        • すべてのクラスターのデータを暗号化するには、[Enable encryption-at-rest (保管時の暗号化の有効化)] を選択します。このオプションを選択した場合は、[マスターキー] を指定する必要があります。

        • クラスターのデータを暗号化しない場合は、[Disable encryption-at-rest (保管時の暗号化の無効化)] を選択します。このオプションを選択した場合、暗号化セクションは完了です。

      • マスタキー — ドロップダウンリストから次のいずれかを選択します。

        • (default) aws/rds ((デフォルト) aws/rds) — アカウント番号と AWS KMS キー ID がこのオプションの後に表示されます。

        • Customer-managed key (カスタマー管理キー) — このオプションは、IAM (AWS Identity and Access Management) コンソールで IAM 暗号化キーを作成した場合にのみ使用できます。クラスターを暗号化するためのキーを選択できます。

        • キー ARN を入力 — [ARN] ボックスに AWS KMS キーの Amazon リソースネーム (ARN) を入力します。ARN の形式は arn:aws:kms:<region>:<accountID>:key/<key-id> です。

    4. [Log exports (ログのエクスポート)] セクションに入力します。

      • CloudWatch に発行するログタイプの選択 — 次のいずれかを選択します。

        • 有効 — クラスターで DML ログ記録を Amazon CloudWatch Logs にエクスポートできるようにします。

        • 無効 — クラスターで DML ログ記録を Amazon CloudWatch Logs にエクスポートできないようにします。デフォルトは [無効] です。

      • IAM ロール — リストから [RDS Service Linked Role (RDS サービスにリンクされたロール)] を選択します。

    5. [Tags (タグ)] セクションに入力します。

      • Add Tag (タグの追加)キーボックスに、クラスターのタグの名前を入力します。ボックスに、必要に応じてタグ値を入力します。タグを AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーで使用して、Amazon DocumentDB リソースへのアクセスを管理したり、リソースに適用できるアクションを制御したりできます。

    6. [Deletion protection (削除保護)] セクションに入力します。

      • 削除保護を有効にする — クラスターが誤って削除されないように保護します。このオプションが有効になっていると、クラスターを削除できません。

  7. [Restore cluster (クラスターの復元)] を選択します。

AWS CLI によるクラスタースナップショットからの復元

AWS CLI を使用してスナップショットからクラスターを復元するには、以下のパラメータを指定して restore-db-cluster-from-snapshot オペレーションを使用します。詳細については、「 」を参照してくださいRestoreDBClusterFromSnapshot

  • --db-cluster-identifier — 必須。オペレーションによって作成されるクラスターの名前。この名前のクラスターは、このオペレーションの前に存在することはできません。

    クラスターの名前付けの制約:

    • [1—63] 個の英字、数字、またはハイフンで構成します。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

    • リージョンごと、AWS アカウントごとに Amazon RDS、Neptune、Amazon DocumentDB のすべてのクラスターで一意にする必要があります。

  • --snapshot-identifier — 必須。復元前に使用されたスナップショットの名前。この名前のスナップショットが存在し、利用可能な状態である必要があります。

  • --engine — 必須。docdb を指定してください。

  • --kms-key-id — オプション。暗号化されたスナップショットを復元するときや、暗号化されていないスナップショットからの復元時にクラスターを暗号化するときに使用する AWS KMS キー識別子の ARN。AWS KMS キー ID を指定した場合は、スナップショットが暗号化されているかどうかにかかわらず、復元されたクラスターが AWS KMS キーで暗号化されます。

    の形式--kms-key-idは ですarn:aws:kms:<region>:<accountID>:key/<key-id>--kms-key-id パラメータの値を指定しない場合は、以下のようになります。

    • --snapshot-identifier のスナップショットが暗号化されている場合、復元されたクラスターは、スナップショットの暗号化に使用されたものと同じ AWS KMS キーを使用して暗号化されます。

    • --snapshot-identifier のスナップショットが暗号化されていない場合、復元されたクラスターは暗号化されません。

複数 Linux、macOS、または Unix:

aws docdb restore-db-cluster-from-snapshot \ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore \ --snapshot-identifier sample-cluster-snapshot \ --engine docdb \ --kms-key-id arn:aws:kms:us-east-1:123456789012:key/SAMPLE-KMS-KEY-ID

複数 Windows:

aws docdb restore-db-cluster-from-snapshot ^ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore ^ --snapshot-identifier sample-cluster-snapshot ^ --engine docdb ^ --kms-key-id arn:aws:kms:us-east-1:123456789012:key/SAMPLE-KMS-KEY-ID

このオペレーションによる出力は、次のようになります。

{ "DBCluster": { "AvailabilityZones": [ "us-east-1c", "us-east-1b", "us-east-1a" ], "BackupRetentionPeriod": 1, "DBClusterIdentifier": "sample-cluster-restore", "DBClusterParameterGroup": "default.docdb4.0", "DBSubnetGroup": "default", "Status": "creating", "Endpoint": "sample-cluster-restore.cluster-node.us-east-1.docdb.amazonaws.com", "ReaderEndpoint": "sample-cluster-restore.cluster-node.us-east-1.docdb.amazonaws.com", "MultiAZ": false, "Engine": "docdb", "EngineVersion": "4.0.0", "Port": 27017, "MasterUsername": "<master-user>", "PreferredBackupWindow": "02:00-02:30", "PreferredMaintenanceWindow": "tue:09:50-tue:10:20", "DBClusterMembers": [], "VpcSecurityGroups": [ { "VpcSecurityGroupId": "sg-abcdefgh", "Status": "active" } ], "HostedZoneId": "ABCDEFGHIJKLM", "StorageEncrypted": true, "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:<accountID>:key/<sample-key-id>", "DbClusterResourceId": "cluster-ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ", "DBClusterArn": "arn:aws:rds:us-east-1:<accountID>:cluster:sample-cluster-restore", "AssociatedRoles": [], "ClusterCreateTime": "2020-04-01T01:43:40.871Z", "DeletionProtection": true } }

クラスターのステータスが [available (使用可能)] になったら、そのクラスターに 1 つ以上のインスタンスを作成します。

複数 Linux、macOS、または Unix:

aws docdb create-db-instance \ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore \ --db-instance-identifier sample-cluster-restore-instance \ --availability-zone us-east-1b \ --promotion-tier 2 \ --db-instance-class db.r5.large \ --engine docdb

複数 Windows:

aws docdb create-db-instance ^ --db-cluster-identifier sample-cluster-restore ^ --db-instance-identifier sample-cluster-restore-instance ^ --availability-zone us-east-1b ^ --promotion-tier 2 ^ --db-instance-class db.r5.large ^ --engine docdb

このオペレーションによる出力は、次のようになります。

{ "DBInstance": { "DBInstanceIdentifier": "sample-cluster-restore-instance", "DBInstanceClass": "db.r5.large", "Engine": "docdb", "DBInstanceStatus": "creating", "PreferredBackupWindow": "02:00-02:30", "BackupRetentionPeriod": 1, "VpcSecurityGroups": [ { "VpcSecurityGroupId": "sg-abcdefgh", "Status": "active" } ], "AvailabilityZone": "us-west-2b", "DBSubnetGroup": { "DBSubnetGroupName": "default", "DBSubnetGroupDescription": "default", "VpcId": "vpc-6242c31a", "SubnetGroupStatus": "Complete", "Subnets": [ { "SubnetIdentifier": "subnet-abcdefgh", "SubnetAvailabilityZone": { "Name": "us-west-2a" }, "SubnetStatus": "Active" }, { ... } ] }, "PreferredMaintenanceWindow": "fri:09:43-fri:10:13", "PendingModifiedValues": {}, "EngineVersion": "4.0.0", "AutoMinorVersionUpgrade": true, "PubliclyAccessible": false, "DBClusterIdentifier": "sample-cluster-restore", "StorageEncrypted": true, "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:<accountID>:key/<sample-key-id>", "DbiResourceId": "db-ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ", "CACertificateIdentifier": "rds-ca-2019", "PromotionTier": 2, "DBInstanceArn": "arn:aws:rds:us-east-1:<accountID>:db:sample-cluster-restore-instance" } }