インスタンスクラスの管理 - Amazon DocumentDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インスタンスクラスの管理

インスタンスクラスは、Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) インスタンスの計算とメモリの容量を決定します。必要なインスタンスクラスは、処理能力とメモリの要件によって異なります。

Amazon DocumentDB は、インスタンスクラスの R4、R5、R6G、T3、および T4G ファミリーをサポートしています。これらのクラスは、メモリ消費の高いアプリケーション用に最適化された現行世代のインスタンスクラスです。これらのクラスの仕様については、インスタンスクラスの仕様を参照してください。

インスタンスのクラスの決定

インスタンスのクラスを決定するには、AWS Management Console または describe-db-instances AWS CLI オペレーションを使用できます。

クラスターのインスタンスのインスタンスクラスを決定するには、コンソールで次の手順を実行します。

  1. AWS Management Console にサインインし、https://console.aws.amazon.com/docdb にあるAmazon DocumentDB console をクリックし、次の場所で Amazon DocumentDB コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、対象とするインスタンスを見つけるために、クラスター を選択します。

    ヒント

    画面の左側にナビゲーションペインが表示されない場合は、ページの左上隅にあるメニューアイコン () を選択します。

  3. クラスターナビゲーションボックスに、[Cluster Identifier]の列が表示されます。インスタンスは、以下のスクリーンショットのように、クラスターの下に表示されます。

  4. インスタンスの一覧で、クラスターを展開して、関心のあるインスタンスを見つけます。目的のインスタンスを見つけます。次に、インスタンスの行の Size (サイズ) 列を確認し、インスタンスクラスを参照します。

    次の図では、インスタンス robo3t のインスタンスクラスは db.r5.4xlarge です。

    
                        インスタンスとインスタンスタイプの一覧を示すスクリーンショット。

AWS CLI を使用してインスタンスのクラスを決定するには、次のパラメータを指定して describe-db-instances オペレーションを使用します。

  • --db-instance-identifier - オプション。インスタンスクラスを検索するインスタンスを指定します。このパラメータを省略した場合、describe-db-instances は最大 100 個のインスタンスの説明を返します。

  • --query - オプション。結果に含めるインスタンスのメンバーを指定します。このパラメータを省略すると、すべてのインスタンスメンバーが返されます。

次の例では、インスタンス sample-instance-1 のインスタンス名とクラスを検索します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws docdb describe-db-instances \ --query 'DBInstances[*].[DBInstanceIdentifier,DBInstanceClass]' \ --db-instance-identifier sample-instance-1

Windows の場合:

aws docdb describe-db-instances ^ --query 'DBInstances[*].[DBInstanceIdentifier,DBInstanceClass]' ^ --db-instance-identifier sample-instance-1

このオペレーションによる出力は、次のようになります。

[ [ "sample-instance-1", "db.r5.large" ]

次の例では、最大 100 個の Amazon DocumentDB インスタンスのインスタンス名とクラスを検索します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws docdb describe-db-instances \ --query 'DBInstances[*].[DBInstanceIdentifier,DBInstanceClass]' \ --filter Name=engine,Values=docdb

Windows の場合:

aws docdb describe-db-instances ^ --query 'DBInstances[*].[DBInstanceIdentifier,DBInstanceClass]' ^ --filter Name=engine,Values=docdb

このオペレーションによる出力は、次のようになります。

[ [ "sample-instance-1", "db.r5.large" ], [ "sample-instance-2", "db.r5.large" ], [ "sample-instance-3", "db.r5.4xlarge" ], [ "sample-instance-4", "db.r5.4xlarge" ] ]

詳細については、「Amazon DocumentDB インスタンスの説明」を参照してください。

インスタンスのクラスを変更する

AWS Management Console または AWS CLI を使用して、インスタンスのインスタンスクラスを変更できます。詳細については、「Amazon DocumentDB インスタンスを変更する」を参照してください。

リージョン別のサポートされるインスタンスクラス

Amazon DocumentDB は、次の インスタンスクラスをサポートします。

  • R6G — ARM ベースの AWS のGraviton2 プロセッサを搭載した最新世代のメモリ最適化インスタンスは、5% 安いコストで、R5 インスタンスよりも最大 30% 優れたパフォーマンスを提供します。Graviton インスタンスクラスは 4.0.0 エンジンでのみサポートされています。

  • R5 - 同じインスタンスコストでR4インスタンスよりも最大 100% 優れたパフォーマンスを提供するメモリ最適化インスタンス。

  • R4 - 前世代のメモリ最適化インスタンス。

  • T4G — ARM ベースの AWS の Graviton2 プロセッサを搭載した最新世代の低コストのバースト可能な汎用インスタンスタイプ。これはベースラインレベルの CPU パフォーマンスを提供し、T3 インスタンスよりも最大 35% 優れた価格パフォーマンスを提供し、CPU 使用率が中程度のアプリケーションの実行に最適です。これにより使用量が一時的に急増します。Graviton インスタンスクラスは 4.0.0 エンジンでのみサポートされています。

  • T3 - CPUパフォーマンスのベースラインレベルを提供し、必要な限りいつでもCPU使用率をバーストできる、低コストのバースト可能な汎用インスタンスタイプ。

インスタンスクラスの詳細な仕様については、「インスタンスクラスの仕様」を参照してください。

特定のインスタンスクラスは、特定のリージョンでサポートされる場合とサポートされない場合があります。次の表に、各リージョンで Amazon DocumentDB によってサポートされるインスタンスクラスを示してあります。

リージョン別のサポートされるインスタンスクラス
インスタンスクラス
リージョン R6G R5 R4 T4G T3

米国東部 (オハイオ)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

米国東部 (バージニア北部)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

米国西部 (オレゴン)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

南米 (サンパウロ)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

アジアパシフィック (ムンバイ)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

アジアパシフィック (ソウル)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

アジアパシフィック (シドニー)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

アジアパシフィック (シンガポール)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

アジアパシフィック (東京)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

カナダ (中部)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

欧州 (フランクフルト)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

欧州 (アイルランド)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

欧州 (ロンドン)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

ヨーロッパ (ミラノ)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

欧州 (パリ)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

中国 (北京) リージョン

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

中国 (寧夏)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

サポート対象

AWS GovCloud (US)

サポート対象

サポート対象

サポート対象

インスタンスクラスの仕様

次の表に、Amazon DocumentDB インスタンスクラスの詳細を示します。各テーブル列の説明については、表の下部を参照してください。

サポートされているAmazon DocumentDB インスタンスクラス
インスタンスクラス vCPU1 メモリ (GiB)2 最大帯域幅 (Mbps)3 ネットワークパフォーマンス4 サポートされているエンジン5
R6G – Current Generation Memory-Optimized Instance Class based on Graviton2
db.r6g.large 2 16 最大 4,750 最大 10 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.xlarge 4 32 最大 4,750 最大 10 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.2xlarge 8 64 最大 4,750 最大 10 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.4xlarge 16 128 4,750 最大 10 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.8xlarge 32 256 9,000 12 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.12xlarge 48 384 13,500 20 Gbps 4.0.0 のみ
db.r6g.16xlarge 64 512 19,000 25 Gbps 4.0.0 のみ
R5 – 前の世代のメモリ最適化インスタンスクラス
db.r5.large 2 16 最大 3,500 最大 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.xlarge 4 32 最大 3,500 最大 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.2xlarge 8 64 最大 3,500 最大 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.4xlarge 16 128 3,500 最大 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.8xlarge 32 256 6,800 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.12xlarge 48 384 7,000 10 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.16xlarge 64 512 13,600 20 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
db.r5.24xlarge 96 768 14,000 25 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
R4 – 前の世代のメモリ最適化インスタンスクラス
db.r4.large 2 15.25 437 最大 10 Gbps 3.6.0 のみ
db.r4.xlarge 4 30.5 875 最大 10 Gbps 3.6.0 のみ
db.r4.2xlarge 8 61 875 最大 10 Gbps 3.6.0 のみ
db.r4.4xlarge 16 122 875 最大 10 Gbps 3.6.0 のみ
db.r4.8xlarge 32 244 875 10 Gbps 3.6.0 のみ
db.r4.16xlarge 64 488 14,000 25 Gbps 3.6.0 のみ
T4G – Latest Generation Burstable Performance Instance Classes based on Graviton2
db.t4g.medium 2 4 最大 2,085 最大 5 Gbps 4.0.0 のみ
T3 – 最新世代のバースト可能なパフォーマンスインスタンスクラス
db.t3.medium 2 4 最大 1,536 最大 5 Gbps 3.6.0 と 4.0.0
  1. vCPU - 仮想中央演算装置 (CPU) の数。仮想 CPU は、インスタンスクラスの比較に使用できる容量の単位です。特定のプロセッサを購入またはリースして数か月から数年間使用する代わりに、時間単位で処理能力をレンタルすることができます。当社の目的は、実際に利用しているハードウェアがどのようなものであろうと、一定量の CPU 能力を安定したかたちで提供することです。

  2. メモリ (GiB) - インスタンスに割り当てられた RAM (ギガバイト単位)。通常、メモリと vCPU の比率は一定です。

  3. 最大帯域幅 (Mbps) - 最大帯域幅 (メガビット/秒)。8 で割ると、メガバイト/秒でのスループットが得られます。

  4. ネットワークパフォーマンス - 他のインスタンスクラスとの相対的なネットワーク速度。

  5. サポートされているエンジン— インスタンスクラスをサポートする Amazon DocumentDB エンジン。