Amazon DynamoDB 暗号化クライアント開発者ガイドのドキュメント履歴 - Amazon DynamoDB Encryption Client

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon DynamoDB 暗号化クライアント開発者ガイドのドキュメント履歴

以下の表は、このドキュメントの大きな変更点をまとめたものです。主要な変更に加えて、その内容の説明と例を改善し、ユーザーから寄せられるフィードバックにも応える目的で、このドキュメントは頻繁に更新されます。重要な変更についての通知を受け取るには、RSS フィードをサブスクライブします。

変更Description日付

ドキュメントの変更

を交換してください。AWS Key Management Service期間カスタマーマスターキー (CMK)AWS KMS keyそしてKMS キー

2021 年 8 月 30 日

新しい特徴

のサポートの追加AWS Key Management Service(AWS KMS) マルチリージョンキー。マルチリージョンキーはAWS KMS別のキーでAWS リージョンキー ID およびキーマテリアルが同じであるため、互換性を使用できます。

2021年6月8日

新しい例

Java で DynamoDBMapper を使用する例を追加しました。

2018 年 9 月 6 日

Python サポート

Java に加えて Python のサポートを追加しました。

2018 年 5 月 2 日

初回リリース

このドキュメントの初回リリース。

2018 年 5 月 2 日