ドキュメント履歴 - Amazon Elastic File System

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドキュメント履歴

  • API バージョン: 2015-02-01

  • ドキュメントの最終更新日: 2021 年 1 月 28 日

以下の表は、2018 年 7 Amazon Elastic File System ユーザーガイド 月以降の の重要な変更点をまとめたものです。ドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードにサブスクライブできます。

変更 Description 日付

新しいAmazon EFSCloudWatchメトリクスのサポートが追加されました MeteredIOBytes

を使用して、データ読み取り、データ書き込み、メタデータオペレーションを含む各ファイルシステムオペレーションの計測されたバイト数MeteredIOBytesを測定し、読み取りオペレーションは他のオペレーションの 1/3 のレートで計測できます。詳細については、「Amazon EFSCloudWatch の Amazon メトリクス」を参照してください。

January 28, 2021

Amazon EFS ファイルシステムの読み取りスループットを 300% 増加

Amazon EFS ファイルシステムは、他のリクエストの 3 分の 1 で読み取りリクエストを計測するようになりました。詳細については、「計測スループットhttps://docs.aws.amazon.com/efs/latest/ug/read-write-throughput.htmlについて」を参照してください。

January 28, 2021

新しいAmazon EFSCloudWatchメトリクスのサポートが追加されました StorageBytes

を使用して、スタンダードおよび低頻度アクセスストレージクラスに保存されているデータ量など、ファイルシステムのサイズ (バイト単位) StorageBytes を測定およびモニタリングできます。詳細については、「 の Amazon CloudWatch メトリクス」を参照してくださいAmazon EFS

January 11, 2021

AWS Transfer Family を使用してAmazon EFSファイルシステムにアクセスする

AWS Transfer Family を使用して、Amazon EFSファイルシステムとの間でファイルを転送できます。詳細については、「 AWS Transfer Family を使用して EFS ファイルシステム内のファイルにアクセスする」を参照してください。

January 6, 2021

AWS Systems Manager を使用して Amazon EFS クライアント (EFS) を管理する

AWS Systems Manager を使用して、EC2 インスタンスに Amazon EFS クライアント (EFS) を自動的にインストールまたは更新できます。詳細については AWS Systems Manager を使用して Amazon EFS クライアントを自動的にインストールまたは更新する」を参照してください。

September 29, 2020

暗号化された EFS ファイルシステムの作成を強制する

elasticfilesystem:Encrypted IAM 条件キーを使用して、保管時に暗号化されるAmazon EFSファイルシステムをユーザーに作成させることができます。詳細については、「保管時に暗号化されたAmazon EFSファイルシステムの作成を強制する」を参照してください。

September 16, 2020

Amazon EFS クライアントあたりのスループットが 100% 増加

EFS は、クライアントあたりのスループットを最大 500 MB/秒までサポートします。以前の制限である 250 MB/秒から 100% 増やします。詳細については、「 ファイルシステムAmazon EFSのクォータ」を参照してください。

July 23, 2020

新しいクイック作成ワークフローによりAmazon EFSファイルシステムの作成が簡素化

EFS コンソールの [Quick Create (クイック作成)] オプションを使用すると、1 つのボタンを使用して、サービス推奨設定を使用して EFS ファイルシステムを作成できます。詳細についてはCreateyYour、「Amazon EFS ファイルシステム」を参照してください。

July 16, 2020

新しいAmazon EFSマネジメントコンソールが利用可能に

新しい EFS コンソールを使用すると、 の使用が容易になり EFS ファイルシステムの管理がAmazon EFS簡素化されます。

July 16, 2020

Amazon EFS ファイルシステムの自動日次バックアップのサポートが追加されました

EFS コンソールを使用してファイルシステムを作成するときに、毎日の自動バックアップがデフォルトで有効になりました。詳細については、「Amazon EFS での AWS Backupの使用」を参照してください。

July 16, 2020

Amazon EFS ファイルシステムの最小スループットの向上

Amazon EFS デフォルトのバーストスループットモードを使用する ファイルシステムの最小スループットは MiB1/秒になりました。詳細は、「スループットモデル.」を参照してください。

June 30, 2020

汎用モードファイルシステムのパフォーマンスが向上しました

Amazon EFS の汎用モードファイルシステムで、1 秒あたり最大 35,000 回の読み取り操作がサポートされるようになりました。以前の制限である 7,000 回から 400% 増加したことになります。詳細については、「Amazon EFSファイルシステムのクォータ.」を参照してください。

April 1, 2020

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 北京および寧夏 AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

January 22, 2020

NFS クライアントの IAM 認証に関するサポートが追加されました

AWS Identity and Access ManagementIAM) を使用して、Amazon EFS ファイルシステムへの NFS アクセスを管理できるようになりました。詳細については、「AWS IAM を使用した Amazon EFS への NFS アクセスのコントロール.」を参照してください。

January 13, 2020

EFS アクセスポイントに関するサポートが追加されました

Amazon EFS アクセスポイントは、Amazon EFS ファイルシステムへのアプリケーション固有のエントリポイントです。これにより、共有データセットへのアプリケーションアクセスが管理しやすくなります。詳細については、「Amazon EFS アクセスポイントの使用.」を参照してください。

January 13, 2020

AWS Backup の部分復元に関するサポートが追加されました。

復旧ポイントの完全復元に加えて、部分復元を使用して特定のファイルやディレクトリを復元できるようになりました。詳細については、「AWS Backup で Amazon EFS を使用する.」を参照してください。

January 13, 2020

IAM サービスにリンクされたロールに関するサポートが追加されました

Amazon EFS では、IAM に基づいてサービスにリンクされたロールが使用されるようになりました。これにより、必要なアクセス許可が自動的に追加されるため、EFS が設定しやすくなります。詳細については、「Amazon EFS のサービスにリンクされたロールの使用.」を参照してください。

December 10, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 欧州 (ストックホルム) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

November 20, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が アジアパシフィック (香港) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

November 20, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 南米 (サンパウロ) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

November 20, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 中東 (バーレーン) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

November 20, 2019

新しい 7 日間のライフサイクル管理ポリシーが追加されました

ライフサイクル管理に、7 日後にコストパフォーマンスに優れた低頻度アクセスストレージクラスにデータを移動するためのポリシーが追加されました。詳細については、「EFS のライフサイクル管理.」を参照してください。

November 6, 2019

インターフェイス VPC エンドポイントのサポートが追加されました

仮想プライベートクラウドと Amazon EFS の間にプライベート接続を確立して、EFS API を呼び出すことができます。詳細については、「VPC エンドポイントの使用.」を参照してください。

October 22, 2019

新しい EC2 インスタンスの起動時に EFS ファイルシステムをマウントします。

EC2 インスタンス起動ウィザードで、起動時に EFS ファイルシステムにマウントするよう、新しい Amazon EC2 インスタンスを設定できるようになりました。詳細については、「ステップ 2」を参照してください。EC2 リソースを作成し、EC2 インスタンスを起動します。

October 17, 2019

サービスクォータのサポートを追加

Service Quotas コンソールですべての Amazon EFS 制限を表示できるようになりました。詳細については、「Amazon EFS の制限.」を参照してください。

September 10, 2019

新しいライフサイクル管理ポリシーが追加されました

ライフサイクル管理を使用するときに、4 つのライフサイクルポリシーのうち 1 つを選択して、コスト効率に優れた低頻度アクセスストレージクラスにファイルをいつ転送するか定義できるようになりました。詳細については、「EFS のライフサイクル管理.」を参照してください。

July 9, 2019

EFS ライフサイクル管理は、すべての EFS ファイルシステムで利用できるようになりました。

EFS ライフサイクル管理機能は、すべての EFS ファイルシステムで利用できるようになりました。以前の、ファイルシステムの作成時点に基づく制限は解除されました。詳細については、「EFS のライフサイクル管理.」を参照してください。

July 9, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 欧州 (パリ) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

June 12, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が アジアパシフィック (ムンバイ) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

June 5, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が カナダ (中部) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

May 1, 2019

API の更新: タグがCreateFileSystemオペレーションペイロードの一部になりました

AWS API および CLI CreateFileSystem オペレーションを使用して Amazon EFS ファイルシステムを作成するときにタグを追加できるようになりました。詳細についてはCreateFileSystem、「」および「AWS CLI を使用したファイルシステムの作成」を参照してください。

February 19, 2019

新機能: EFS 低頻度アクセスストレージクラスと EFS ライフサイクル管理

Amazon EFS 低頻度アクセスは、アクセスが頻繁ではないファイル用のコスト最適化ストレージクラスです。EFS ライフサイクル管理は、ファイルを標準から低頻度アクセスストレージに自動的に移行します。詳細については、「EFS ストレージクラス.」を参照してください。

February 13, 2019

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が 欧州 (ロンドン) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

January 23, 2019

AWS バックアップサービスと の統合Amazon EFS

Amazon EFS ファイルシステムは、AWS バックアップを使用してバックアップできます。AWS バックアップは、クラウド上の AWS のサービスとオンプレミスにわたるデータをバックアップするための、フルマネージド型で集中型の自動バックアップサービスです。詳細については、「AWS バックアップと EFS.」を参照してください。

January 16, 2019

オンプレミスストレージシステムへの Transit Gateway 接続のサポートが追加されました。

Amazon EFS ファイルシステムは、オンプレミスストレージシステムへの Transit Gateway 接続を使用してアクセスできるようになりました。詳細については、「別のアカウントまたは VPC からマウントする」および「ウォークスルー: 別の VPC からファイルシステムをマウントする.」を参照してください。

December 6, 2018

EFS ファイル同期が新しい AWS DataSync サービスの一部になりました。

AWS DataSync は、オンプレミスストレージシステムと AWS ストレージサービス間の大量のデータの同期を簡素化するマネージド型データ転送サービスです。詳細については、「AWS を使用してオンプレミスファイルシステムから Amazon EFS にファイルを転送する」を参照してくださいDataSync

November 26, 2018

VPN とリージョン間 VPC ピアリング接続のサポートが追加されました。

Amazon EFS が、VPN 接続とリージョン間 VPC ピアリング接続経由でアクセス可能になりました。詳細については、「AWS を使用してオンプレミスファイルシステムから Amazon EFS にファイルを転送する」を参照してくださいDataSync

October 23, 2018

VPN とリージョン間 VPC ピアリング接続のサポートが追加されました

Amazon EFSVPN 接続とリージョン間の VPC ピアリング接続を使用して、 ファイルシステムにアクセスできるようになりました。詳細については、「別のアカウントまたは VPC からマウントする」および「Direct Connect と での Amazon EFS の動作VPNs」を参照してください。

October 23, 2018

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が アジアパシフィック (シンガポール) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

July 13, 2018

プロビジョニングされたスループットモードの紹介

新しいプロビジョニングされたスループットモードを使用して、新規または既存のファイルシステムのスループットをプロビジョンできるようになりました。詳細は、「スループットモデル.」を参照してください。

July 12, 2018

その他の AWS リージョンのサポートが追加されました

Amazon EFS が アジアパシフィック (東京) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。

July 11, 2018

以下の表は、2018 年 7 Amazon Elastic File System ユーザーガイド 月以前の の重要な変更点をまとめたものです。

変更 説明 変更日
その他の AWS リージョンのサポートが追加されました Amazon EFS が アジアパシフィック (ソウル) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。 2018 年 5 月 30 日
CloudWatch Metric Math のサポートが追加されました Metric Math により複数の CloudWatch メトリクスをクエリし、数式を使用して、これらのメトリクスに基づく新しい時系列を作成できます。詳細については、「」を参照してください。での Metric Math の使用 Amazon EFS. 2018 年 4 月 4 日
amazon-efs-utils の一連のオープンソースツールが追加、および伝送中の暗号化が追加

amazon-efs-utils ツールは、一連のオープンソースの実行可能ファイルで、マウントなどの Amazon EFS の使用の側面を簡略化しています。EFS の使用に追加コストは発生しません。これらのツールは からダウンロードできますGitHub。 詳細については、「」amazon-efs-utils ツールを使用するを参照してください。

また、このリリースでは、Amazon EFS により Transport Layer Security (TLS) トンネリングを使用して、転送時の暗号化がサポートされるようになりました。詳細については、「」を参照してください。Amazon EFS でのデータの暗号化.

2018 年 4 月 4 日
AWS リージョンあたりのファイルシステムの制限の更新 Amazon EFS では、すべての AWS リージョンで、すべてのアカウントに対して、ファイルシステムの数の制限を引き上げました。詳細については、「」を参照してください。リソースクォータ. 2018 年 3 月 15 日
その他の AWS リージョンのサポートが追加されました Amazon EFS が 米国西部 (北カリフォルニア) AWS リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。 2018 年 3 月 14 日
保管時のデータの暗号化 Amazon EFS で保管時のデータの暗号化がサポートされるようになりました。詳細については、「」を参照してください。Amazon EFS でのデータの暗号化. 2017 年 8 月 14 日
その他のリージョンのサポートが追加されました Amazon EFS が 欧州 (フランクフルト) リージョンですべてのユーザーに対して利用可能になりました。 2017 年 20 月 7 日
ドメインネームシステム (DNS) を使用したファイルシステム名 Amazon EFS ではファイルシステムの DNS 名をサポートするようになりました。ファイルシステムの DNS 名は、接続する Amazon EC2 インスタンスのアベイラビリティーゾーン内のマウントターゲットの IP アドレスを自動的に解決します。詳細については、「」を参照してください。DNS 名を使用して Amazon EC2 にマウントする. 2016 年 12 月 20 日
ファイルシステムのタグサポートの強化 Amazon EFS では、ファイルシステムあたり 50 のタグをサポートするようになりました。Amazon EFS のタグの詳細については、ファイルシステムタグの管理. を参照してください。 2016 年 8 月 29 日

一般提供

Amazon EFS は、米国東部(バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、および 欧州 (アイルランド) リージョンのすべてのユーザーに一般公開されました。

2016 年 6 月 28 日

ファイルシステムの制限の引き上げ

1 つのアカウントに対して作成できる Amazon EFS ファイルシステムの数は各 AWS リージョンあたり 5 から 10 に増加しました。

2015 年 8 月 21 日

「使用開始」の演習が更新されました

「使用開始」の演習は、使用開始のプロセスを簡略化するために更新されました。

2015 年 8 月 17 日

新規ガイド

これはAmazon Elastic File System ユーザーガイド.

2015 年 5 月 26 日