オンプレミスのパフォーマンスの考慮事項 - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

オンプレミスのパフォーマンスの考慮事項

Amazon EFS ファイルシステムのバーストスループットモデルは、オンプレミスサーバーまたは Amazon EC2 インスタンスからアクセスしても同じままです。ただし、オンプレミスサーバーから Amazon EFS ファイルデータにアクセスする場合、最大スループットもAWS Direct Connect接続。

長距離のデータ移動は伝達の遅延と関係してくため、 AWS Direct Connect オンプレミスのデータセンターと Amazon VPC の間の接続は数十ミリ秒になる可能性があります。ファイル操作をシリアル化すると、AWS Direct Connect 接続のレイテンシーが読み取り/書き込みスループットに直接影響します。基本的に、一定期間に読み取り/書き込みできるデータの量は、読み取り/書き込みの各オペレーションの完了にかかる時間に制限されます。スループットを最大化するには、ファイル操作を並列化して、複数の読み取り/書き込みが Amazon EFS によって同時に処理されるようにします。GNU parallel などの標準的なツールで、ファイルデータのコピーを並列化できます。

高可用性をもたらすアーキテクチャ設計

オンプレミスのデータセンターと Amazon VPC の間の継続的な可用性を確保するために、2 つのAWS Direct Connect接続。詳細については、「」を参照してください。ステップ 4: による冗長接続の設定AWS Direct Connect()AWS Direct Connectユーザーガイド。

アプリケーションと Amazon EFS の継続的な可用性を確保するには、接続の中断の可能性から回復するようにアプリケーションを設計することをお勧めします。一般に、Amazon EFS ファイルシステムに接続されたオンプレミスアプリケーションのシナリオは、高可用性と可用性が高くないという 2 つです。

1 番目では、アプリケーションはいつで可用性が高く (HA)、HA クラスターで複数のオンプレミスサーバーを使用します。この場合、HA クラスターの各オンプレミスサーバーを、Amazon VPC 内の別のアベイラビリティーゾーン (AZ) のマウントターゲットに接続してください。マウントターゲットが存在する AZ が利用できなくなったためにオンプレミスサーバーがマウントターゲットにアクセスできない場合、アプリケーションは利用可能なマウントターゲット使用してサーバーにフェイルオーバーする必要があります。

2 番目では、アプリケーションの可用性は高くなく、マウントターゲットが存在する AZ が利用できなくなったためにオンプレミスサーバーがマウントターゲットにアクセスできなくなります。この場合、アプリケーションは再起動ロジックを実行し、別の AZ のマウントターゲットに接続する必要があります。