Amazon Elastic File System
ユーザーガイド

ステップ 3: Amazon EFS ファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントしてテストする

このステップでは、次の作業を行います。

  • EC2 インスタンスに NFS クライアントをインストールします。

  • ファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントし、セットアップをテストします。

ステップ 3.1: 情報を収集する

このセクションの手順に従って、次の情報を確認してください。

  • EC2 インスタンスのパブリック DNS 名の形式は以下のとおりです。

    ec2-xx-xxx-xxx-xx.aws-region.compute.amazonaws.com
  • ファイルシステムの DNS 名。この DNS 名は、次の一般的な形式を使用して作成できます。

    file-system-id.efs.aws-region.amazonaws.com

    マウントターゲットを使用してファイルシステムをマウントする EC2 インスタンスは、ファイルシステムの DNS 名をマウントターゲットの IP アドレスに解決できます。

注記

Amazon EFS では、Amazon EC2 インスタンスがパブリック IP アドレスまたはパブリック DNS 名のいずれかを持つことは必要ではありません。前述の要件は、SSH を使用して VPC 外のインスタンスに接続するための、このチュートリアルでの一例です。

ステップ 3.2: EC2 インスタンスに NFS クライアントをインストールする

Windows または Linux、Mac OS X、またはその他の Unix バリアントを実行しているコンピュータから、EC2 インスタンスに接続できます。

NFS クライアントをインストールするには

  1. EC2 インスタンスに接続します。

    • Mac OS または Linux を実行しているコンピュータから Linux インスタンスに接続するには、-i オプションとプライベートキーへのパスを指定して、ssh コマンドに対する .pem ファイルを指定します。

    • Windows を実行しているコンピュータから Linux インスタンスに接続する場合は、MindTerm または PuTTY のどちらかを使用できます。PuTTY を使用する予定がある場合は、それをインストールしてから、次のプロシージャを使用して .pem ファイルを .ppk ファイルに変換します。

    詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の次のトピックを参照してください。

  2. SSH セッションを使用して、EC2 インスタンスで次のコマンドを実行します。

    1. (オプション) アップデートを入手して再起動します。

      $ sudo yum -y update $ sudo reboot

      再起動後、EC2 インスタンスに再接続します。

    2. NFS クライアントをインストールします。

      $ sudo yum -y install nfs-utils

      注記

      Amazon EC2 インスタンスの起動時に Amazon Linux AMI 2016.03.0 Amazon Linux AMI を選択する場合、nfs-utils はデフォルトですでに AMI に組み込まれているため、インストールする必要はありません。

ステップ 3.3: EC2 インスタンスへのファイルシステムのマウントとテスト

これで、EC2 インスタンスにファイルシステムをマウントします。

  1. ディレクトリを作成します (「efs-mount-point」)。

    $ mkdir ~/efs-mount-point
  2. Amazon EFS ファイルシステムをマウントします。

    $ sudo mount -t nfs -o nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2,noresvport mount-target-DNS:/ ~/efs-mount-point

    EC2 インスタンスは、マウントターゲットの DNS 名を IP アドレスに解決できます。オプションでマウントターゲットの IP アドレスを直接指定することもできます。

    $ sudo mount -t nfs -o nfsvers=4.1,rsize=1048576,wsize=1048576,hard,timeo=600,retrans=2,noresvport mount-target-ip:/  ~/efs-mount-point
  3. EC2 インスタンスに Amazon EFS ファイルシステムをマウントしたので、ファイルを作成できます。

    1. ディレクトリを変更します。

      $ cd ~/efs-mount-point
    2. ディレクトリの内容を一覧表示します。

      $ ls -al

      これは空である必要があります。

      drwxr-xr-x 2 root root 4096 Dec 29 22:33 . drwx------ 4 ec2-user ec2-user 4096 Dec 29 22:54 ..
    3. ファイルシステムのルートディレクトリは、作成時に root ユーザーが所有し、root ユーザーによって書き込みが可能なため、ファイルを追加する権限を変更する必要があります。

      $ sudo chmod go+rw .

      ls -al コマンドを実行すると、権限が変更されたことがわかります。

      drwxrwxrwx 2 root root 4096 Dec 29 22:33 . drwx------ 4 ec2-user ec2-user 4096 Dec 29 22:54 ..
    4. テキストファイルを作成します。

      $ touch test-file.txt
    5. ディレクトリのコンテンツを一覧表示します。

      $ ls -l

これで、VPC の EC2 インスタンスに Amazon EFS ファイルシステムが作成され、マウントされました。

マウントしたファイルシステムは、再起動後も保持されません。ディレクトリを自動的に再マウントするには、fstab ファイルを使用します。詳細については、「再起動時の自動再マウント」を参照してください。Auto Scaling グループを使用して EC2 インスタンスを起動する場合は、起動設定でスクリプトを設定することもできます。例については、「チュートリアル 2: Apache ウェブサーバーを設定して Amazon EFS ファイルを提供する」を参照してください。

次のステップ

手順 4: クリーンアップ