Amazon EKS の耐障害性 - Amazon EKS

このページの改善にご協力ください

本ユーザーガイドの改善にご協力いただけませんか? このページの下部までスクロールし、[GitHub でこのページの編集] を選択します。皆さまにご協力いただくことで、あらゆる人々に使いやすいユーザーガイドになります。

Amazon EKS の耐障害性

AWS グローバルインフラストラクチャは AWS リージョン およびアベイラビリティーゾーンを中心に構築されています。AWS リージョン には、低レイテンシー、高いスループット、そして高度の冗長ネットワークで接続されている複数の物理的に独立・隔離されたアベイラビリティーゾーンがあります。アベイラビリティーゾーンでは、アベイラビリティーゾーン間で中断せずに、自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一または複数のデータセンターインフラストラクチャに比べて、可用性、耐障害性、および拡張性に優れています。

Amazon EKS は、複数の AWS アベイラビリティーゾーンで Kubernetes コントロールプレーンを実行およびスケーリングして、高可用性を実現します。Amazon EKS は、負荷に基づいてコントロールプレーンインスタンスを自動的にスケーリングします。また、異常なコントロールプレーンインスタンスを自動的に検出して置換し、そのコントロールプレーンに自動的にパッチを適用します。バージョン更新を開始すると、Amazon EKS によってコントロールプレーンが自動的に更新され、更新中のコントロールプレーンの高可用性が維持されます。

このコントロールプレーンは、少なくとも 2 つの API サーバーインスタンスと、(1 つの AWS リージョン で 3 つのアベイラビリティーゾーンにまたがっている) 3 つの etcd インスタンスを含みます。Amazon EKS:

  • コントロールプレーンインスタンスの負荷をアクティブに監視し、高パフォーマンスを確保するために、それらのインスタンスを自動的にスケーリングします。

  • 異常なコントロールプレーンインスタンスを自動的に検出して置換します。それらのコントロールプレーンインスタンスは、必要に応じて AWS リージョン 内のアベイラビリティーゾーンで再起動されます。

  • 高可用性を維持するために、AWS リージョン のアーキテクチャを活用します。そのため、Amazon EKS では API サーバーエンドポイント向けの可用性の SLA をご利用いただけます。

AWS リージョン とアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。