AWS Outposts における Amazon EKS - Amazon EKS

AWS Outposts における Amazon EKS

Amazon EKS ノードは、AWS Outposts で作成できます。AWS Outposts により、オンプレミス施設でネイティブの AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルが可能となりました。AWS Outposts 環境では、AWS クラウドで使用するのと同じ AWS API、ツール、インフラストラクチャを使用できます。AWS Outposts の Amazon EKS ノードは、オンプレミスのデータやアプリケーションの近くで実行が必要な、低レイテンシーのワークロードに最適です。AWS Outposts の詳細については、『AWS Outposts ユーザーガイド』を参照してください。

Prerequisites

Amazon EKS ノードを AWS Outposts で使用するための前提条件を次に示します。

  • オンプレミスのデータセンターに Outpost をインストールして設定しておく必要があります。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「Outpost を作成し、Outpost 容量を注文する」を参照してください。

  • Outpost と AWS リージョンの間に信頼できるネットワーク接続が必要です。Outpost と AWS リージョン間で、可用性が高く、低レイテンシーの接続を提供することをお勧めします。詳細については、AWS Outposts ユーザーガイドの「ローカルネットワークへの Outpost 接続性」を参照してください。

  • Outpost の AWS リージョンは Amazon EKS をサポートする必要があります。対応するリージョンの一覧については、「AWS 全般のリファレンス」の「Amazon EKS サービスエンドポイント」を参照してください。

Considerations

  • Outpost とその AWS リージョン間のネットワーク接続が失われた場合、ノードは引き続き実行されます。ただし、接続が復元されるまで、新しいノードを作成したり、既存のデプロイで新しいアクションを実行したりすることはできません。インスタンスに障害が発生した場合、インスタンスは自動的に置き換えられません。Kubernetes コントロールプレーンはリージョンで実行され、アベイラビリティーゾーンへの接続の喪失などの原因でハートビートが失われると、障害が発生する可能性があります。障害のあるハートビートにより、Outposts のポッドが異常とマークされ、最終的にノードのステータスがタイムアウトし、ポッドに削除のマークが付けられます。詳細については、Kubernetes ドキュメントの「Node Controller」を参照してください。