Amazon EKS の開始方法 – eksctl - Amazon EKS

このページの改善にご協力ください

本ユーザーガイドの改善にご協力いただけませんか? このページの下部までスクロールし、[GitHub でこのページの編集] を選択します。皆さまにご協力いただくことで、あらゆる人々に使いやすいユーザーガイドになります。

Amazon EKS の開始方法 – eksctl

このガイドでは、Amazon EKS 上に Kubernetes クラスターを作成および管理するためのシンプルなコマンドラインユーティリティである eksctl を使用して、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の開始に必要なリソースのすべてを作成する方法を解説していきます。このチュートリアルの終わりには、アプリケーションのデプロイが可能な、実行状態の Amazon EKS クラスターが完成します。

AWS Management Console からクラスターを作成する場合には手動で作成する必要のあるリソースのいくつかが、このガイドの手順に従うことで自動的に作成されます。リソース間での連携方法について良く理解するために、大半のリソースを手動で作成する場合には、クラスターと計算機能の作成に AWS Management Console を使用します。詳細については、「Amazon EKS の開始方法 – AWS Management Console と AWS CLI」を参照してください。

前提条件

このチュートリアルを開始する前に、「Amazon EKS を使用するようにセットアップする」の説明に従って、AWS CLI、kubectl、および eksctl ツールをインストールして設定する必要があります。

ステップ 1: Amazon EKS クラスターとノードを作成する

重要

可能な限りシンプルかつ迅速に使用を開始するため、このトピックでは、クラスターとノードをデフォルト設定で作成する手順について説明します。実稼働で使用するクラスターとノードを作成する際には、すべての設定内容に習熟した上で、ご自身の要件を満たす設定でクラスターとノードをデプロイし直すことをお勧めします。詳細については、Amazon EKS クラスターを作成します。およびAmazon EKS ノードを参照してください。一部の設定は、クラスターとノードの作成時にのみ有効にできます。

クラスターの作成には、次のいずれかのノードタイプが使用できます。各タイプの詳細については、「Amazon EKS ノード」を参照してください。クラスターをデプロイした後に、他のノードタイプを追加できます。

  • Fargate - Linux - AWS Fargate で Linux アプリケーションを実行する場合は、このタイプのノードを選択します。Fargate は、Amazon EC2 インスタンスを管理せずに Kubernetes Pods をデプロイできるサーバーレスコンピューティングエンジンです。

  • マネージド型ノード - Linux - Amazon EC2 インスタンスで Amazon Linux アプリケーションを実行する場合は、このタイプのノードを選択します。このガイドでは説明しませんが、Windows セルフマネージド型ノードと Bottlerocket ノードをクラスターに追加することもできます。

次のコマンドを使用して、Amazon EKS クラスターを作成します。my-cluster は独自の値に置き換えることができます。この名前には、英数字 (大文字と小文字が区別されます) とハイフンのみを使用できます。先頭の文字は英数字である必要があります。また、100 文字より長くすることはできません。名前は、クラスターを作成する AWS リージョン および AWS アカウント 内で一意である必要があります。region-code を Amazon EKS でサポートされている AWS リージョン に置き換えます。AWS リージョン の一覧については、AWS 全般的なリファレンスガイドの Amazon EKS エンドポイントとクォータ を参照してください。

Fargate – Linux
eksctl create cluster --name my-cluster --region region-code --fargate
Managed nodes – Linux
eksctl create cluster --name my-cluster --region region-code

クラスターの作成には数分かかります。作成中に、数行の出力が表示されます。出力の最後の行は、次のサンプル行のようになります。

[...]
[✓]  EKS cluster "my-cluster" in "region-code" region is ready

eksctl により、~/.kube 内に kubectlconfig ファイルが作成されるか、コンピュータ上の ~/.kube 内に既存の config ファイルの中に新しいクラスター設定が追加されます。

クラスターの作成が完了したら、AWS CloudFormation コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudformation) で、eksctl-my-cluster-cluster という名前の AWS CloudFormation スタックを表示して、作成されたすべてのリソースを確認します。

ステップ 2: Kubernetes リソースの表示

  1. クラスターノードを表示します。

    kubectl get nodes -o wide

    出力例は次のとおりです。

    Fargate – Linux
    NAME STATUS ROLES AGE VERSION INTERNAL-IP EXTERNAL-IP OS-IMAGE KERNEL-VERSION CONTAINER-RUNTIME fargate-ip-192-0-2-0.region-code.compute.internal Ready <none> 8m3s v1.2.3-eks-1234567 192.0.2.0 <none> Amazon Linux 2 1.23.456-789.012.amzn2.x86_64 containerd://1.2.3 fargate-ip-192-0-2-1.region-code.compute.internal Ready <none> 7m30s v1.2.3-eks-1234567 192-0-2-1 <none> Amazon Linux 2 1.23.456-789.012.amzn2.x86_64 containerd://1.2.3
    Managed nodes – Linux
    NAME STATUS ROLES AGE VERSION INTERNAL-IP EXTERNAL-IP OS-IMAGE KERNEL-VERSION CONTAINER-RUNTIME ip-192-0-2-0.region-code.compute.internal Ready <none> 6m7s v1.2.3-eks-1234567 192.0.2.0 192.0.2.2 Amazon Linux 2 1.23.456-789.012.amzn2.x86_64 containerd://1.2.3 ip-192-0-2-1.region-code.compute.internal Ready <none> 6m4s v1.2.3-eks-1234567 192.0.2.1 192.0.2.3 Amazon Linux 2 1.23.456-789.012.amzn2.x86_64 containerd://1.2.3

    出力に表示される内容の詳細については、「Kubernetes リソースを表示する」を参照してください。

  2. クラスターで実行されているワークロードを表示します。

    kubectl get pods -A -o wide

    出力例は次のとおりです。

    Fargate – Linux
    NAMESPACE NAME READY STATUS RESTARTS AGE IP NODE NOMINATED NODE READINESS GATES kube-system coredns-1234567890-abcde 1/1 Running 0 18m 192.0.2.0 fargate-ip-192-0-2-0.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system coredns-1234567890-12345 1/1 Running 0 18m 192.0.2.1 fargate-ip-192-0-2-1.region-code.compute.internal <none> <none>
    Managed nodes – Linux
    NAMESPACE NAME READY STATUS RESTARTS AGE IP NODE NOMINATED NODE READINESS GATES kube-system aws-node-12345 1/1 Running 0 7m43s 192.0.2.1 ip-192-0-2-1.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system aws-node-67890 1/1 Running 0 7m46s 192.0.2.0 ip-192-0-2-0.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system coredns-1234567890-abcde 1/1 Running 0 14m 192.0.2.3 ip-192-0-2-3.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system coredns-1234567890-12345 1/1 Running 0 14m 192.0.2.4 ip-192-0-2-4.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system kube-proxy-12345 1/1 Running 0 7m46s 192.0.2.0 ip-192-0-2-0.region-code.compute.internal <none> <none> kube-system kube-proxy-67890 1/1 Running 0 7m43s 192.0.2.1 ip-192-0-2-1.region-code.compute.internal <none> <none>

    出力に表示される内容の詳細については、「Kubernetes リソースを表示する」を参照してください。

ステップ 3: クラスターとノードを削除する

このチュートリアルのために作成したクラスターとノードの使用が終了したら、クリーンアップのために、次のコマンドを使用してそれらのクラスターとノードを削除する必要があります。クリーンアップせずに、他の目的でこのクラスターを使用する場合は、「次のステップ」を参照してください。

eksctl delete cluster --name my-cluster --region region-code

次のステップ

以下のトピックは、クラスターの機能を拡張するのに役立ちます。