Amazon EKS での Helm の使用 - Amazon EKS

Amazon EKS での Helm の使用

Kubernetes の Helm パッケージマネージャーは、Kubernetes クラスターにアプリケーションをインストールして管理するのに役立ちます。詳細については、Helm のドキュメントを参照してください。このトピックは、Helm バイナリをインストールして実行する際に役立ちます。これにより、ローカルシステムで Helm CLI を使用してチャートをインストールおよび管理することができます。

重要

Amazon EKS クラスターに Helm チャートをインストールするには、あらかじめ Amazon EKS で動作するように kubectl を設定しておく必要があります。この設定をまだ行っていない場合は、続行する前に「Amazon EKS クラスターの kubeconfig ファイルを作成または更新する」を参照してください。次のコマンドがクラスターに対して成功した場合は、正しく設定されています。

kubectl get svc
ローカルシステムに Helm バイナリをインストールするには
  1. クライアントオペレーティングシステムに適したコマンドを実行します。

    • macOS で Homebrew を使用している場合は、次のコマンドを使用してバイナリをインストールします。

      brew install helm
    • Chocolatey で Windows を使用している場合は、次のコマンドを使用してバイナリをインストールします。

      choco install kubernetes-helm
    • Linux を使用している場合は、次のコマンドを使用してバイナリをインストールします。

      curl https://raw.githubusercontent.com/helm/helm/master/scripts/get-helm-3 > get_helm.sh chmod 700 get_helm.sh ./get_helm.sh
      注記

      最初に openssl をインストールする必要があるというメッセージを受け取った場合、次のコマンドを使用してインストールできます。

      sudo yum install openssl
  2. PATH で新しいバイナリを取得するため、現在のターミナルウィンドウを閉じて新しいターミナルウィンドウを開きます。

  3. インストールした Helm のバージョンを確認してください。

    helm version | cut -d + -f 1

    出力例は次のとおりです。

    v3.9.0
  4. この時点で、任意の Helm コマンド (helm install chart-name など) を実行して、クラスター内の Helm チャートをインストール、変更、削除、またはクエリすることができます。Helm を初めて使用する場合で、インストールするチャートがないときは、次の操作を実行できます。