サポートされる AWS SDK の使用 - Amazon EKS

サポートされる AWS SDK の使用

pods 内のコンテナは、OIDC ウェブアイデンティティトークンファイルを介した IAM ロールの引き受けをサポートする AWS SDK バージョンを使用する必要があります。AWSLinux ディストリビューションのパッケージマネージャーに含まれている SDK は、この機能をサポートするのに十分なほど新しいものではない可能性があります。以下に示す最低限の SDK バージョンを使用してください。

Cluster AutoscalerAWS Load Balancer Controller アドオンのインストール などの一般的な Kubernetes アドオンの多くは、サービスアカウントの IAM ロールをサポートしています。Amazon VPC CNI plugin for Kubernetes はサービスアカウントの IAM ロールもサポートします。

サポートされている SDK を使用していることを確認するには、コンテナを構築する際に、「Tools for Amazon Web Services」で、希望する SDK のインストール手順に従ってください。