Amazon EKS プラットフォームのバージョン - Amazon EKS

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョンは、現在の Kubernetes パッチバージョンと、どの Kubernetes API サーバーのフラグが有効かなどのクラスターコントロールプレーンの機能を表します。各 Kubernetes マイナーバージョンには、Amazon EKS プラットフォームバージョンが 1 つ以上関連付けられています。別の Kubernetes マイナーバージョンのプラットフォームバージョンは独立しています。

新しい Kubernetes マイナーバージョンが Amazon EKS で使用可能になると (1.19 など)、その Kubernetes マイナーバージョンの最初の Amazon EKS プラットフォームバージョンは eks.1 から始まります。ただし、Amazon EKS は、新しいプラットフォームバージョンを定期的にリリースして、新しい Kubernetes コントロールプレーン設定を有効化し、セキュリティ修正プログラムを提供します。

新しい Amazon EKS プラットフォームのバージョンがマイナーバージョンで使用可能になった場合:

  • Amazon EKS プラットフォームのバージョン番号がインクリメントされます (eks.<n+1>)。

  • Amazon EKS は、既存のすべてのクラスターを、対応する Kubernetes マイナーバージョン用の最新の Amazon EKS プラットフォームバージョンに自動的にアップグレードします。

  • Amazon EKS は、対応するパッチバージョンで新しいノード AMI を公開する場合があります。ただし、すべてのパッチバージョンは、特定の Kubernetes マイナーバージョンの EKS コントロールプレーンとノード AMIs間で互換性があります。

新しい Amazon EKS プラットフォームバージョンでは、重大な変更が発生したり、サービスが中断されたりすることはありません。

注記

既存の Amazon EKS プラットフォームバージョンの自動アップグレードは段階的にロールアウトされます。ロールアウトプロセスには時間がかかる場合があります。最新の Amazon EKS プラットフォームバージョンの機能がすぐに必要な場合は、新しい Amazon EKS クラスターを作成する必要があります。

クラスターは常に、指定された Kubernetes バージョン用に入手可能な最新の Amazon EKS プラットフォームバージョン (eks.<n>) で作成されます。クラスターを新しい Kubernetes マイナーバージョンに更新した場合、クラスターは、更新した Kubernetes マイナーバージョンの現在の Amazon EKS プラットフォームバージョンを受け取ります。

現在および最新の Amazon EKS プラットフォームバージョンを以下の表に示します。

Kubernetes バージョン 1.19

Kubernetes バージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

有効なアドミッションコントローラー

リリースノート

1.19.6

eks.2

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize, ExtendedResourceToleration

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.19.6

eks.1

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize, ExtendedResourceToleration

Amazon EKS の Kubernetes 1.19 の初回リリース。詳細については、「 」を参照してくださいKubernetes 1.19

Kubernetes バージョン 1.18

Kubernetes バージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

有効なアドミッションコントローラー

リリースノート

1.18.9

eks.4

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.18.9

eks.3

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

Amazon EKS アドオンと のサポートが含まれていますFargate ログ記録

1.18.9

eks.2

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.18.8

eks.1

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

Amazon EKS の Kubernetes 1.18 の初回リリース。詳細については、「 」を参照してくださいKubernetes 1.18

Kubernetes バージョン 1.17

Kubernetes バージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

有効なアドミッションコントローラー

リリースノート

1.17.12

eks.6

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.17.12

eks.5

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

のサポートが含まれていますFargate ログ記録

1.17.12

eks.4

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.17.9

eks.3

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

をサポートする新しいプラットフォームバージョンポッドのセキュリティグループ。このリリースでは、VPC リソースコントローラーに必要なvpc-resource-controllerサービスアカウントが作成されます。

1.17.9

eks.2

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

NLB LoadBalancer を使用する場合のタイプ のサービスに対する UDP サポートやAmazon EFS、ポッドで Fargate ボリュームを使用するためのサポートなど、セキュリティの修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。詳細についてはGitHub の「Allow UDP for AWS NLB」の問題を参照してください。

1.17.6

eks.1

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

Amazon EKS の Kubernetes 1.17 の初回リリース。詳細については、「 」を参照してくださいKubernetes 1.17

Kubernetes バージョン 1.16

Kubernetes バージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

有効なアドミッションコントローラー

リリースノート

1.16.15

eks.6

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.16.15

eks.5

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

のサポートが含まれていますFargate ログ記録

1.16.15

eks.4

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.16.13

eks.3

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

NLB LoadBalancer を使用する場合のタイプ のサービスに対する UDP サポートを含む、セキュリティ修正とセキュリティ強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。詳細についてはGitHub の「Allow UDP for AWS NLB」の問題を参照してください。

1.16.8

eks.2

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正を含む新しいプラットフォームバージョン。

1.16.8

eks.1

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

Amazon EKS の Kubernetes 1.16 の初回リリース。詳細については、「 」を参照してくださいKubernetes 1.16

Kubernetes バージョン 1.15

Kubernetes バージョン

Amazon EKS プラットフォームのバージョン

有効なアドミッションコントローラー

リリースノート

1.15.12

eks.7

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.15.12

eks.6

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

のサポートが含まれていますFargate ログ記録

1.15.12

eks.5

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。

1.15.11

eks.4

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

NLB LoadBalancer を使用する場合のタイプ のサービスに対する UDP サポートを含む、セキュリティ修正とセキュリティ強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。詳細についてはGitHub の Allow UDP for AWS NLB の問題を参照してください。

1.15.11

eks.3

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

セキュリティ修正を含む新しいプラットフォームバージョン。

1.15.11

eks.2

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

サーバー側 AWS IAM Authenticator の更新を含むな、バグ修正と機能強化を備えた新しいプラットフォームバージョン。IAM ロールの追跡可能性が強化されています。

1.15.10

eks.1

NamespaceLifecycle, LimitRanger, ServiceAccount, DefaultStorageClass, ResourceQuota, DefaultTolerationSeconds, NodeRestriction, MutatingAdmissionWebhook, ValidatingAdmissionWebhook, PodSecurityPolicy, TaintNodesByCondition, Priority, StorageObjectInUseProtection, PersistentVolumeClaimResize

Amazon EKS の Kubernetes 1.15 の初回リリース。詳細については、「 」を参照してくださいKubernetes 1.15