Kubernetes サービスアカウント - Amazon EKS

Kubernetes サービスアカウント

Kubernetes サービスアカウントは、Pod で実行されるプロセスのアイデンティティを提供します。詳細については、「Kubernetes ドキュメント」の「サービスアカウントの管理」を参照してください。Pod が AWS サービスにアクセスする必要がある場合、サービスアカウントを AWS Identity and Access Management のアイデンティティにマッピングして、アクセス権を付与することができます。詳細については、「サービスアカウントの IAM ロール」を参照してください。

サービスアカウントトークン

バージョン Kubernetes では、BoundServiceAccountTokenVolume 機能がデフォルトで有効になっています。この機能により Kubernetes で実行しているワークロードがオーディエンス、時間、およびキーバインド化された JSON Web トークンをリクエストできるようにすることで、サービスアカウントトークンのセキュリティが向上します。サービスアカウントトークンの有効期限は 1 時間です。Kubernetes の以前のバージョンでは、トークンに有効期限はありませんでした。つまり、これらのトークンに依存するクライアントは 1 時間以内にトークンを更新する必要があります。次の Kubernetes クライアント SDK では、必要な時間内にトークンを自動的に更新します。

  • Go バージョン 0.15.7 以降

  • Python バージョン 12.0.0 以降

  • Java バージョン 9.0.0 以降

  • JavaScript バージョン 0.10.3 以降

  • Ruby master ブランチ

  • Haskell バージョン0.3.0.0

  • C# バージョン 7.0.5 以降

ワークロードで古いバージョンのクライアントを使用している場合は、更新する必要があります。有効期限付きの新しいサービスアカウントトークンにクライアントがスムーズに移行できるようにするに、Kubernetes ではデフォルトの 1 時間を超えてサービスアカウントトークンの有効期限が延長されます。Amazon EKS クラスターの場合、延長できる有効期限は 90 日です。Amazon EKS クラスターの Kubernetes API サーバーでは、90 日を超えるトークンのリクエストは拒否されます。アプリケーションとその依存関係を確認し、Kubernetes クライアント SDK が前記のバージョンと同じかそれ以降であることを確認することをお勧めします。

API サーバーが 1 時間を超える古いトークンによるリクエストを受信すると、API 監査ログイベントに annotations.authentication.k8s.io/stale-token で注釈を付けます。注釈の値は次の例のようになります。

subject: system:serviceaccount:common:fluent-bit, seconds after warning threshold: 4185802.

クラスターでコントロールプレーンのログ記録が有効になっている場合、注釈は監査ログに記録されます。以下の CloudWatch Log Insights クエリを使用すると、Amazon EKS クラスター内で古いトークンを使っているすべての Pods を特定できます。

fields @timestamp | filter @logStream like /kube-apiserver-audit/ | filter @message like /seconds after warning threshold/ | parse @message "subject: *, seconds after warning threshold:*\"" as subject, elapsedtime

subject は、Pod が使用したサービスアカウントを示します。elapsedtime は、最新のトークンを読み込んでからの経過時間 (秒単位) を示します。‭elapsedtime が 90 日 (7,776,000 秒間) を超えると、API サーバーへのリクエストは拒否されます。トークンの自動更新を行う前記のバージョンのいずれかを使用するよう、アプリケーションの Kubernetes クライアント SDK をプロアクティブに更新する必要があります。使用しているサービスアカウントトークンが 90 日に近く、かつトークンの有効期限が切れる前にクライアント SDK のバージョンを更新するために十分な時間がない場合、既存の Pods を終了して新しいものを作成できます。サービスアカウントトークンが再フェッチされるので、クライアントバージョン SDK を更新するのに 90 日が追加されたことになります。

Pod がデプロイの一部である場合、高可用性を維持しながら Pods を終了する方法として、次のコマンドによるロールアウトの実行をお勧めします。my-deployment をデプロイの名前で置き換えます。

kubectl rollout restart deployment/my-deployment

クラスターアドオン

以下のクラスターアドオンが更新され、サービスアカウントトークンを自動的に再フェッチする Kubernetes クライアント SDK が使用できるようになりました。リストされているバージョン、またはそれ以降のバージョンを、 クラスターにインストールすることをお勧めします。

  • Amazon VPC CNI plugin for Kubernetes およびメトリクスヘルパーのプラグインのバージョン 1.8.0 以降。現在のバージョンを確認したり、更新したりするには、「Amazon VPC CNI plugin for Kubernetes Amazon EKS アドオンの使用」および「cni-metrics-helper」を参照してください。

  • CoreDNS バージョン 1.8.4 以降。現在のバージョンを確認したり、更新したりするには、「CoreDNS Amazon EKS アドオンの使用」を参照してください。

  • AWS Load Balancer Controller バージョン 2.0.0 以降。現在のバージョンを確認したり、更新したりするには、「AWS Load Balancer Controller とは」を参照してください。

  • 現在の kube-proxy バージョン 現在のバージョンを確認したり、更新したりするには、「Kubernetes kube-proxy アドオンの使用」を参照してください。

  • AWS for Fluent Bit バージョン 2.25.0 以降。現在のバージョンを更新するには、GitHub で「Releases」(リリース) を参照してください。

  • Fluentd イメージバージョン 1.14.6-1.2 以降、および Kubernetes メタデータバージョン 2.11.1 以降用の Fluentd フィルタープラグイン。

Amazon Elastic Kubernetes Service スクラスター上のワークロードへの AWS Identity and Access Management 権限の付与

Amazon EKS には、Amazon EKS クラスターで実行されるワークロードに AWS Identity and Access Management 権限を付与する方法が 2 つあります。サービスアカウント用の IAM ロールと EKS Pod Identity です。

サービスアカウントの IAM ロール

サービスアカウント用の IAM ロール (IRSA) は、Amazon S3 バケットや Amazon DynamoDB テーブルなど、他の様々な AWS リソースにアクセスするためのきめ細かい IAM アクセス許可で AWS 上で動作する Kubernetes アプリケーションを構成します。同じ Amazon EKS クラスター内で複数のアプリケーションを同時に実行し、各アプリケーションに必要な最小限のアクセス権限のみを持たせることができます。IRSAは、Amazon EKS、Amazon EKS Anywhere、Red Hat OpenShift Service on AWS、Amazon EC2 インスタンス上のセルフマネージド Kubernetes クラスターなどの、AWS にサポートされるさまざまな Kubernetes デプロイオプションをサポートするように構築されました。そのため、IRSA は IAM のような基本的な AWS サービスを使用して構築されており、Amazon EKS サービスや EKS API に直接依存することはありませんでした。詳細については、「サービスアカウントの IAM ロール」を参照してください。

EKS Pod Identity

EKS Pod Identity は、Amazon S3 バケット、Amazon DynamoDB テーブルなどのさまざまな AWS リソースにアクセスするためのアプリケーションを認証するためのシンプルなワークフローをクラスター管理者に提供します。EKS Pod Identity は EKS 専用であるため、クラスター管理者が Kubernetes アプリケーションを設定して IAM アクセス許可を取得する方法が簡単になります。これらの権限は、AWS Management Console、EKS API、および AWS CLI から直接行うより少ない手順で簡単に設定できるようになり、クラスター内のどの Kubernetes オブジェクトに対しても実行する必要がありません。クラスター管理者は EKS サービスと IAM サービスを切り替えたり、特権的な IAM オペレーションを使用してアプリケーションに必要な権限を設定したりする必要がありません。新しいクラスターを作成するときにロールの信頼ポリシーを更新しなくても、IAM ロールを複数のクラスターで使用できるようになりました。EKS Pod Identity が提供する IAM 認証情報には、クラスター名、名前空間、サービスアカウント名などの属性を含むロールセッションタグが含まれます。ロールセッションタグを使用すると、管理者は一致するタグに基づいて AWS リソースへのアクセスを許可することで、複数のサービスアカウントで機能する単一のロールを作成できます。詳細については、「EKS Pod Identity」を参照してください。

EKS Pod Identity と IRSA の比較

大まかに言うと、EKS Pod Identity と IRSA はどちらも、Kubernetes クラスター上で実行されているアプリケーションに IAM アクセス許可を付与できるようにします。ただし、設定方法、サポートされる制限、有効になる機能は根本的に異なります。以下では、両ソリューションの重要な側面をいくつか比較します。

EKS Pod Identity IRSA

ロール拡張性

新しく導入された Amazon EKS サービスプリンシパル pods.eks.amazonaws.com との信頼を確立するには、各ロールを一度設定する必要があります。この 1 回限りのステップを済ませると、そのロールを新しいクラスターで使用するたびにそのロールの信頼ポリシーを更新する必要がなくなります。

新しいクラスターでロールを使用するたびに、IAM ロールの信頼ポリシーを新しい EKS クラスター OIDC プロバイダーエンドポイントで更新する必要があります。

クラスタのスケーラビリティ

EKS Pod Identity では、ユーザーが IAM OIDC プロバイダーをセットアップする必要がないため、この制限は適用されません。

クラスターには、OpenID Connect (OIDC) 発行者の URL が関連付けられています。IRSA を使用するには、IAM の EKS クラスターごとに固有の OpenID Connect プロバイダーを作成する必要があります。IAM のデフォルトのグローバル制限は、AWS アカウント につき 100 の OIDC プロバイダーです。IRSA で AWS アカウント につき 100 を超える EKS クラスターを使用する予定の場合は、IAM OIDC プロバイダーの制限に達します。

ロールのスケーラビリティ

EKS Pod Identity では、ユーザーが信頼ポリシーで IAM ロールとサービスアカウント間の信頼関係を定義する必要がないため、この制限は適用されません。

IRSA では、IAM ロールとサービスアカウント間の信頼関係を、ロールの信頼ポリシーで定義します。デフォルトでは、信頼ポリシーの長さは 2048 です。つまり、通常、1 つの信頼ポリシーで 4 つの信頼関係を定義できます。信頼ポリシーの長さの上限を増やすことはできますが、通常、1 つの信頼ポリシー内で作成できる信頼関係は最大 8 つに制限されます。

ロールの再利用性

EKS Pod Identity によって提供される一時的な AWS STS 認証情報には、クラスター名、名前空間、サービスアカウント名などのロールセッションタグが含まれます。ロールセッションタグを使用すると、管理者は、アタッチされたタグに基づいて AWS リソースへのアクセスを許可することで、複数のサービスアカウントで使用できる単一の IAM ロールを作成し、そのロールを有効な権限を変えることができます。これは、属性ベースのアクセス制御 (ABAC) とも呼ばれます。詳細については、「EKS Pod ID の権限を定義してタグに基づいて役割を引き受ける」を参照してください。

AWS STS セッションタグはサポートされていません。ロールはクラスタ間で再利用できますが、すべてのポッドにそのロールのすべての権限が付与されます。

サポートされている環境

EKS Pod Identity は Amazon EKS でのみ使用できます。

IRSAは、Amazon EKS、Amazon EKS Anywhere、Red Hat OpenShift Service on AWS、Amazon EC2インスタンス上のセルフマネージド Kubernetes クラスターなどに使用できます。

サポートされている EKS バージョン

EKS Kubernetes のバージョン 1.24 以降 。特定のバージョンについては、「EKS Pod Identity クラスターバージョン」を参照してください。

サポート対象のすべての EKS クラスターバージョン。