自己管理ノードの更新 - Amazon EKS

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

自己管理ノードの更新

新しい Amazon EKS 最適化された AMI がリリースされました。自己管理のノード・グループ内のノードを新しい AMI に置き換えることを検討する必要があります。同様に、Kubernetesバージョンを Amazon EKS 同じ Kubernetes バージョンを持つノードを使用するように、ノードも更新する必要があります。

重要

このトピックでは、自己管理ノードのノード更新について説明します。マネージド型ノードグループ を使用している場合は、「マネージド型ノードグループの更新」を参照してください。

クラスター内のセルフマネージド型ノードグループを更新して新しい AMI を使用するには、2 つの基本的な方法があります。

  • 新しいノードグループへの移行 – 新しいノードグループを作成し、ポッドをそのグループに移行します。新しいノードグループへの移行は、既存のノードグループ内のAMI IDを更新するよりも、 AWS CloudFormation 移行プロセスでは、古いノード グループを次のように扱います。 NoSchedule 新しいスタックが既存のポッドのワークロードを受け入れる準備ができた後、ノードをドレインします。

  • 既存の自己管理ノードグループを更新する – 更新 AWS CloudFormation 既存のノードグループが新しいAMIを使用するようにスタックします。このメソッドは、 eksctl.