View ノード - Amazon EKS

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

View ノード

Amazon EKS コンソールにはAmazon EKS、マネージド型ノード、セルフマネージド型ノード、Fargate など、クラスターのすべてのノードに関する情報が表示されます。ノードは、Kubernetes API の視点からクラスター用にプロビジョニングされたコンピューティングリソースを表します。詳細については、Kubernetes ドキュメントの「ノード」を参照してください。Amazon EKSワークロードをデプロイできるさまざまなタイプのノードの詳細については、「」Amazon EKS 個のノードを参照してください。

Prerequisites

にサインインする IAM ユーザーまたはIAMロールは、次の要件を満たしているAWS マネジメントコンソール必要があります。

  • eks:AccessKubernetesApi にアタッチされたノードを表示するために必要な およびその他のIAMアクセス権限を持っている。IAM ポリシーの例については、「」ですべてのクラスターのノードとワークロードを表示する AWS マネジメントコンソールを参照してください。

  • の Kubernetes ユーザーまたはグループにマッピングされますaws-authconfigmap。 詳細については、「」を参照してくださいクラスターのユーザーまたは IAM ロールの管理

  • ユーザーまたはロールが configmap でマッピングされている Kubernetes IAM ユーザーまたはグループは、Kubernetes にバインドされているか、表示する名前空間内のリソースを表示するアクセス許可roleclusterroleを持っている必要があります。詳細については、Kubernetes ドキュメントの「RBAC 認証https://kubernetes.io/docs/reference/access-authn-authz/rbac/の使用」を参照してください。および clusterrole または clusterrolebinding と を作成する次のマニフェスト例をダウンロードできますrolerolebinding

    • [View Kubernetes resources in all namespaces– (すべての名前空間で Kubernetes リソースを表示する)] ファイルのグループ名は です。これはeks-console-dashboard-full-access-group、IAMユーザーまたはロールが aws-auth configmap で にマッピングする必要があるグループです。必要に応じて、クラスターに適用する前にグループの名前を変更し、configmap でそのグループにIAMユーザーまたはロールをマッピングできます。ファイルをダウンロードするには、クラスターがあるリージョンの適切なリンクを選択します。

    • View Kubernetes resources in a specific namespace (特定の名前空間–の Kubernetes リソースを表示する) このファイルの名前空間は であるためdefault、別の名前空間を指定する場合は、 ファイルを編集してからクラスターに適用します。ファイルのグループ名は です。これはeks-console-dashboard-restricted-access-group、IAMユーザーまたはロールを aws-auth configmap でマッピングする必要があるグループです。必要に応じて、クラスターに適用する前にグループの名前を変更し、configmap でそのグループにIAMユーザーまたはロールをマッピングできます。ファイルをダウンロードするには、クラスターがあるリージョンの適切なリンクを選択します。

を使用してノードを表示するには AWS マネジメントコンソール

  1. Open the Amazon EKS console at https://console.aws.amazon.com/eks/home#/clusters.

  2. 左側のナビゲーションパネルで [クラスター] を選択し、[クラスター] リストでコンピューティングリソースを表示するクラスターを選択します。

  3. [Overview (概要)] タブに、クラスターのすべてのコンピューティングノードとノードのステータスのリストが表示されます。

    重要

    [概要] タブで [ノード] が表示されない場合、または [Your current user or role does not have access to Kubernetes objects on this EKS cluster error (現在のユーザーまたはロールでこの EKS クラスターの Kubernetes オブジェクトにアクセスできない場合)] が表示される場合は、このトピックの前提条件を参照してください。問題が解決しない場合はAmazon EKS、[Configuration (設定)] タブでクラスターを表示および管理できますが、管理対象ノードおよび [Nodes (ノード)] の [Fargate] に表示される自己管理型ノードや一部の情報は表示されません。

    注記

    で実行される各ポッドFargateは、クラスター内の個別の Kubernetes ノードとして登録されます。これは、 が独立したコンピューティング環境で各ポッドFargateを実行し、クラスターコントロールプレーンに個別に接続するためです。詳細については、「 」を参照してください。AWS Fargate.

  4. [Nodes (ノード)] リストにFargate、クラスターのすべてのマネージド型、自己管理型、およびノードのリストが表示されます。ノードのいずれかのリンクを選択すると、ノードに関する次の情報が表示されます。

    • インスタンスAmazon EC2タイプカーネルバージョンKubelet バージョンコンテナランタイム、OS、マネージド型ノードおよびセルフマネージド型ノードの OS イメージ

    • ノードの Amazon EC2 コンソールおよびAmazon EKSマネージド型ノードグループ (該当する場合) へのディープリンク。

    • [Resource allocation (リソースの割り当て)] には、ノードのベースラインと割り当て可能な容量が表示されます。

    • 条件は、ノードの現在のオペレーションステータスを表します。これは、ノードの問題のトラブルシューティングに役立ちます。

      条件は、各ノードでローカルにkubelet実行される Kubernetes エージェントによって Kubernetes コントロールプレーンにレポートされます。詳細については、Kubernetes ドキュメントの kubelet を参照してください。ノードの条件は、常にノードの詳細の一部として報告されます。各条件の [Status (ステータス)] は [Message (メッセージ)] とともに、その条件のノードの状態を示します。ノードに関する以下の一般的な条件が報告されます。

      • 準備完了 ノードが正常で、ポッドを受け入れることができる場合–、この条件は TRUE です。ノードが準備未完了でポッドを受け入れない場合、条件は FALSE です。UNKNOWN は、Kubernetes コントロールプレーンが最近ノードからハートビート信号を受信していないことを示します。ハートビートタイムアウト期間は、 Amazon EKS クラスターの Kubernetes のデフォルトである 40 秒に設定されます。

      • メモリプレッシャー – この条件は、通常のオペレーションでは FALSE で、ノードメモリが少ない場合は TRUE です。

      • ディスクの負荷 – この条件は、通常のオペレーションでは FALSE で、ノードのディスク容量が低い場合は TRUE です。

      • PID プレッシャー ノードで実行されているプロセスが多すぎる場合–、この条件は通常のオペレーションでは FALSE であり、TRUE です。ノードで、各コンテナは一意のプロセス ID、または PID を持つプロセスとして実行されます。

      • NetworkUnavailable – この条件は、通常のオペレーションでは FALSE であるか、存在しない状態です。TRUE の場合、ノードのネットワークは適切に設定されていません。

    • ノードに割り当てられた Kubernetes ラベル注釈。これらは、ユーザー、Kubernetes、またはノードの作成時に Amazon EKS API によって割り当てられた可能性があります。これらの値は、ポッドをスケジュールするためにワークロードで使用できます。