AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド

Elastic Beanstalk を Amazon CloudWatch に使用する

Amazon CloudWatch では、さまざまなメトリクスをモニタリング、管理、および発行し、メトリクスのデータに基づいてアラームアクションを設定できます。Amazon CloudWatch モニタリングにより、システムとアプリケーションのメトリクスを収集、分析、および表示できます。これにより、確信を持って運用上の決定やビジネス上の決定を下すことができます。

Amazon CloudWatch を使用すると、Amazon EC2 インスタンスのパフォーマンスなど、Amazon Web Services (AWS) リソースのメトリクスを収集できます。独自のメトリクスを Amazon CloudWatch に対して直接発行することもできます。Amazon CloudWatch アラームは、定義したルールに基づいて通知を送信したり、モニタリング対象のリソースを自動的に変更したりするための機能です。これにより、決定事項がさらに実装しやすくなります。たとえば、ユーザーに代わって Amazon EC2 Auto Scaling および Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) アクションを自動的に開始するためのアラームを作成することができます。

Elastic Beanstalk は Amazon CloudWatch を自動的に使用して、アプリケーションや環境のステータスのモニタリングに役立てます。Amazon CloudWatch コンソールに移動し、ダッシュボードを表示すると、すべてのリソースとアラームの概要情報を入手できます。また、メトリクスの詳細を表示して、カスタムメトリクスを追加することもできます。

Amazon CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch 開発者ガイドを参照してください。Elastic Beanstalk で Amazon CloudWatch を使用する方法の例については、「例: カスタム Amazon CloudWatch メトリクスの使用 」を参照してください。