ステップ 4: 環境を設定する - AWS Elastic Beanstalk

ステップ 4: 環境を設定する

お使いのアプリケーションに適合するよう、環境をカスタマイズすることができます。例えば、計算量の多いアプリケーションがある場合、アプリケーションを実行する Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスの種類を変更できます。設定の変更を適用するために、Elastic Beanstalk は環境の更新を実行します。

一部の簡単な設定の変更はすぐに反映されます。また、AWS リソースの削除と再作成を行う必要がある変更もあります。このような変更には数分かかることがあります。構成設定を変更すると、Elastic Beanstalk により、アプリケーションのダウンタイムが発生する可能性について警告が表示されます。

設定変更を行う

この構成変更の例では、環境の容量設定を編集します。Auto Scaling グループに 2 つから 4 つの Amazon EC2 インスタンスを持つ負荷分散型のスケーラブルな環境を設定し、変更が行われたことを確認します。Elastic Beanstalk は Amazon EC2 インスタンスを作成し、最初に作成した 1 つのインスタンスに追加します。次に、Elastic Beanstalk は両方のインスタンスを環境内のロードバランサーに関連付けます。その結果、アプリケーションの応答性が向上し、可用性が向上します。

環境の容量を変更するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[リージョン] リストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[設定] を選択します。

  4. [キャパシティー] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。

  5. [Auto Scaling グループ] セクションで、[環境タイプ] を [負荷分散] に変更します。

  6. [インスタンス] 行で、[最大数] を 4 に変更し、[最小数] を 2 に変更します。

  7. [Apply] を選択します。

  8. この更新によって現在のすべてのインスタンスが置き換えられることを示す警告が表示されます。[Confirm] を選択します。

  9. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。

    環境の更新には数分程かかります。完了したことを確認するには、イベントリストで [Successfully deployed new configuration to environment (新しい設定を環境に正常にデプロイしました)] イベントを探します。これによって Auto Scaling の最小インスタンス数が 2 に設定されていることが確認できます。Elastic Beanstalk は 2 番目のインスタンスを自動的に起動します。

設定変更を確認する

環境の更新が完了し、環境の準備ができたら、変更を確認します。

増加した容量を確認するには

  1. ナビゲーションペインで [ヘルス] を選択します。

  2. [拡張ヘルスの概要] ページを確認します。

    [概要] 行の後に 2 つの Amazon EC2 インスタンスが表示されます。環境の容量が 2 インスタンスに増加しました。

    
              Elastic Beanstalk コンソールの 2 つの Amazon EC2 インスタンスを示す拡張ヘルス概要ページ