チュートリアル: Elastic Beanstalk を使用して .NET サンプルアプリケーションをデプロイする方法 - AWS Elastic Beanstalk

チュートリアル: Elastic Beanstalk を使用して .NET サンプルアプリケーションをデプロイする方法

このチュートリアルでは、AWS Toolkit for Visual Studio を使用して AWS Elastic Beanstalk に .NET サンプルアプリケーションをデプロイする方法について説明します。

注記

このチュートリアルでは、こちらからダウンロードできるサンプルの ASP.NET ウェブアプリケーションを使用します。また、Toolkit for Visual Studio も使用します。このサンプルアプリケーションは、Visual Studio Professional 2012 を使用してテストされています。

環境を作成します。

まず、Elastic Beanstalk コンソールの新しいアプリケーションの作成ウィザードを使用して、アプリケーション環境を作成します。[プラットフォーム] として、[.NET] を選択します。

環境を起動するには(コンソール)

  1. 次の事前に設定されたリンクを使用して、Elastic Beanstalk コンソールを開きます: console.aws.amazon.com/elasticbeanstalk/home#/newApplication?applicationName=tutorials&environmentType=LoadBalanced

  2. [プラットフォーム] で、アプリケーションで使用される言語に一致するプラットフォームとプラットフォームブランチを選択します。

  3. アプリケーションコード として、サンプルアプリケーション を選択します。

  4. 確認と起動 を選択します。

  5. 使用できるオプションを確認します。使用する有効なオプションを選択し、準備ができたら [アプリの作成] を選択します。

環境が起動して稼働したら、アプリケーションがデータを保存するために使用する Amazon RDS データベースインスタンスを追加します。[DB エンジン] で、[sqlserver-ex] を選択します。

お客様の環境に DB インスタンスを追加するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、リージョンのドロップダウンリストでリージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[設定] を選択します。

  4. [データベース] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。

  5. DB エンジンを選択して、ユーザー名とパスワードを入力します。

  6. [Apply] を選択します。

Elastic Beanstalk へのアプリケーションの公開

AWS Toolkit for Visual Studio を使用して、Elastic Beanstalk にアプリケーションを公開します。

Elastic Beanstalk にアプリケーションを公開するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールの [Health] ステータスで環境が正常に起動していることを確認します。それは [OK] (緑色) である必要があります。

  2. Visual Studio で BeanstalkDotNetSample.sln を開きます。

    注記

    まだサンプルを入手していない場合は、こちらから入手できます。

  3. [View] メニューで、[Solution Explorer] を選択します。

  4. [Solution ‘BeanstalkDotNetSample’ (2 projects)] を展開します。

  5. [MVC5App] のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Publish to AWS] を選択します。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial Solution Explorer publish to AWS
  6. [Publish to AWS Elastic Beanstalk] ページの [Deployment Target] で、先ほど作成した環境を選択し、[Next] を選択します。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial publish to AWS Elastic Beanstalk deployment target
  7. [Application Options] ページで、すべてデフォルトを使用し、[Next] を選択します。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial publish to AWS Elastic Beanstalk application options
  8. [Review] ページで、[Deploy] を選択します。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial review and deploy
  9. デプロイのステータスを監視するには、Visual Studio の NuGet パッケージ マネージャーを使用します。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial monitor status NuGet package manager

    アプリケーションが正常にデプロイされている場合は、[Output] ボックスに [completed successfully] と表示されます。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial output completed successfully
  10. Elastic Beanstalk コンソールに戻ります。ナビゲーションペインで、[Go to environment (環境へ移動)] を選択します。

    ASP.NET アプリケーションが新しいタブで開きます。

    
            Elastic Beanstalk .NET tutorial see your ASP.NET application running in the web browser

AWS リソースのクリーンアップ

アプリケーションが正常にデプロイされたら、アプリケーションのビデオを視聴して Elastic Beanstalk の詳細について確認します。

Elastic Beanstalk での作業が完了したら、.NET 環境を終了できます。

Elastic Beanstalk 環境を終了するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、リージョンのドロップダウンリストでリージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. 環境アクション を選択してから、[Terminate Environment (環境の終了)] を選択します。

Elastic Beanstalk は、EC2 インスタンス、DB インスタンス、ロードバランサー、セキュリティグループ、CloudWatch アラームなど、お客様の環境に関連付けられているすべての AWS リソースをクリーンアップします。

詳細については、Elastic Beanstalk での .NET アプリケーションの作成とデプロイAWS .NET 開発ブログAWS アプリケーション管理ブログを参照してください。