デプロイメントツールを使用した Elastic Beanstalk アプリケーションの.NET でのデプロイ - AWS Elastic Beanstalk

デプロイメントツールを使用した Elastic Beanstalk アプリケーションの.NET でのデプロイ

AWS Toolkit for Visual Studio には、デプロイ ツールと、AWS Toolkit のデプロイウィザードと同等の機能を提供するコマンドラインツールが含まれています。ビルドパイプラインまたはその他のスクリプトでデプロイツールを使用して、Elastic Beanstalk へのデプロイを自動化できます。

デプロイツールは、初期デプロイと再デプロイの両方に使用できます。デプロイツールを使用してアプリケーションをデプロイした後で、Visual Studio のデプロイウィザードを使用して再デプロイすることもできます。同様に、ウィザードを使用してデプロイした場合に、デプロイツールを使用して再デプロイすることもできます。

注記

デプロイツールでは、コンソールや EB CLI などの設定オプションの推奨値は適用されません。そのため、設定ファイルを使用して、環境を起動する際に必要な項目がすべて設定されていることを確認してください。

この章では、サンプル .NET アプリケーションを、まずデプロイツールを使用して Elastic Beanstalk にデプロイし、その後増分デプロイを使用して再デプロイする方法を順番に説明します。パラメータオプションを含め、デプロイツールに関する詳細な説明については、「デプロイツール」を参照してください。

Prerequisites

デプロイツールを使用するには、AWS Toolkit for Visual Studio をインストールする必要があります。前提条件の詳細とインストール手順については、「AWS Toolkit for Microsoft Visual Studio」を参照してください。

デプロイツールは通常、Windows の以下のディレクトリのいずれかにインストールします。

32 ビット 64 ビット

C:\Program Files\AWS Tools\Deployment Tool\awsdeploy.exe

C:\Program Files (x86)\AWS Tools\Deployment Tool\awsdeploy.exe

Elastic Beanstalk にデプロイする

デプロイツールを使ってサンプルアプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイするには、まず ElasticBeanstalkDeploymentSample.txt ディレクトリにある Samples 構成ファイルを編集します。構成ファイルには、アプリケーション名、アプリケーションバージョン、環境名、ユーザーの AWS アクセス認証情報など、アプリケーションをデプロイするために必要な情報が含まれています。構成ファイルを編集した後、コマンドラインを使用して、サンプルアプリケーションをデプロイします。ウェブデプロイファイルが Amazon S3 にアップロードされ、Elastic Beanstalk を使用した新しいアプリケーションバージョンとして登録されます。アプリケーションのデプロイには数分かかります。環境が正常であれば、デプロイツールが実行アプリケーション用に URL を出力します。

.NET アプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイする

  1. デプロイツールがインストールされている Samples サブディレクトリの ElasticBeanstalkDeploymentSample.txt を開き、次の例のように、自分の AWS アクセスキーと AWS シークレットキーを入力します。

    ### AWS Access Key and Secret Key used to create and deploy the application instance AWSAccessKey = AKIAIOSFODNN7EXAMPLE AWSSecretKey = wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY
    注記

    API アクセスには、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーが必要です。AWS アカウント の root ユーザーアクセスキーの代わりに IAM ユーザーアクセスキーを使用します。IAM アクセスキーの詳細については、IAM ユーザーガイドの「IAM ユーザーのアクセスキーの管理」を参照してください。

  2. コマンドラインプロンプトで、以下のように入力します。

    C:\Program Files (x86)\AWS Tools\Deployment Tool>awsdeploy.exe /w Samples\ElasticBeanstalkDeploymentSample.txt

    アプリケーションのデプロイには数分かかります。デプロイが成功すると、Application deployment completed; environment health is Green というメッセージが表示されます。

    注記

    次のエラーが表示された場合は、CNAME がすでに存在します。

    [Error]: Deployment to AWS Elastic Beanstalk failed with exception: DNS name (MyAppEnv.elasticbeanstalk.com) is not available.

    CNAME は一意でなければならないため、Environment.CNAMEElasticBeanstalkDeploymentSample.txt を変更する必要があります。

  3. ウェブブラウザ内で、実行アプリケーションの URL に移動します。URL は <CNAME.elasticbeanstalk.com> という形式です (たとえば、MyAppEnv.elasticbeanstalk.com)。