AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド

eb logs

説明

eb logs コマンドには、CloudWatch Logs へのログストリーミングを有効または無効にする方法と、インスタンスログまたは CloudWatch Logs ログを取得する方法としての 2 つの目的があります。--cloudwatch-logs (-cw) オプションを使用すると、コマンドはログストリーミングを有効または無効にします。このオプションを使用しない場合は、ログを取得します。

ログを取得するときは、完全なログを取得する --all--zip、または --stream オプションを指定します。これらのいずれかのオプションを指定しない場合、Elastic Beanstalk はサイドのログを取得します。

コマンドは、指定された環境またはデフォルト環境のログを処理します。関連するログは、コンテナタイプに応じて異なります。root ディレクトリにカスタムプラットフォームを指定する platform.yaml ファイルが含まれている場合、このコマンドはビルダー環境のログも処理します。

詳細については、「Amazon CloudWatch Logs で Elastic Beanstalk を使用する」を参照してください。

構文

CloudWatch Logs へのログのストリーミングを有効または無効にするには:

eb logs --cloudwatch-logs [enable | disable] [--cloudwatch-log-source instance | environment-health | all] [environment-name]

インスタンスログを取得するには:

eb logs [-all | --zip | --stream] [--cloudwatch-log-source instance] [--instance instance-id] [--log-group log-group] [environment-name]

環境のヘルスログを取得するには:

eb logs [-all | --zip | --stream] --cloudwatch-log-source environment-health [environment-name]

オプション

名前

説明

-cw [enable | disable]

または

--cloudwatch-logs [enable | disable]

CloudWatch Logs へのログのストリーミングを有効または無効にします。引数を指定しない場合、ログストリーミングが有効になります。さらに --cloudwatch-log-source(-cls) オプションが指定されていない場合は、インスタンスのログストリーミングが有効または無効になります。

-cls instance | environment-health | all

または

--cloudwatch-log-source instance | environment-health | all

CloudWatch Logs を使用しているときにログのソースを指定します。コマンドの有効または無効の形式では、CloudWatch Logs ストリーミングを有効または無効にするログになります。コマンドの検索形式では、これらは CloudWatch Logs から検索するログです。

有効な値:

  • --cloudwatch-logs (有効または無効にする) - instance | environment-health | all

  • --cloudwatch-logs なし (取得) - instance | environment-health

値の意味は次のとおりです。

  • instance (デフォルト) - インスタンスログ

  • environment-health - 環境ヘルスログ (環境で拡張ヘルスが有効になっている場合のみサポートされます)

  • all - 両方のログソース

-a

または

--all

すべてのログを取得し、それらのログを .elasticbeanstalk/logs ディレクトリに保存します。

-z

または

--zip

すべてのログを取得し、.zip ファイルに圧縮して、そのファイルを .elasticbeanstalk/logs ディレクトリに保存します。

--stream

完全なログをストリーミングします (継続的な出力)。このオプションを使用すると、コマンドは中断されるまで (Ctrl+C を押す) 実行を続けます。

-i instance-id

または

--instance instance-id

指定したインスタンスのみのログを取得します。

-g log-group

または

--log-group log-group

ログを取得する元の CloudWatch Logs ロググループを指定します。このオプションは、CloudWatch Logs へのインスタンスログストリーミングが使用可能になっている場合にのみ有効です。

インスタンスログストリーミングが有効になっていて --log-group オプションを指定しない場合、デフォルトのロググループは次のいずれかです。

  • Linux プラットフォーム - /aws/elasticbeanstalk/environment-name/var/log/eb-activity.log

  • Windows プラットフォーム - /aws/elasticbeanstalk/environment-name/EBDeploy-Log

各ログファイルに対応するロググループの詳細については、「Elastic Beanstalk が CloudWatch Logs を設定する方法」を参照してください。

一般的なオプション

出力

デフォルトでは、ログはターミナルに直接表示されます。ページングプログラムを使用して出力を表示します。終了するには、Q または q を押します。

--stream では、ターミナルの既存のログを表示し、実行を続けます。終了するには、Ctrl+C を押します

--all--zip を使用して、ログをローカルファイルに保存し、ファイルの場所を表示します。

次の例では、CloudWatch Logs へのインスタンスログストリーミングを有効にします。

$ eb logs -cw enable Enabling instance log streaming to CloudWatch for your environment After the environment is updated you can view your logs by following the link: https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/home?region=us-east-1#logs:prefix=/aws/elasticbeanstalk/environment-name/ Printing Status: 2018-07-11 21:05:20 INFO: Environment update is starting. 2018-07-11 21:05:27 INFO: Updating environment environment-name's configuration settings. 2018-07-11 21:06:45 INFO: Successfully deployed new configuration to environment.

次の例では、インスタンスログを .zip ファイルに取得します。

$ eb logs --zip Retrieving logs... Logs were saved to /home/workspace/environment/.elasticbeanstalk/logs/150622_173444.zip

このページの内容: