設定変更 - AWS Elastic Beanstalk

設定変更

環境マネジメントコンソールの [Configuration] セクションで設定オプションの設定を変更すると、影響を受けるすべてのリソースに変更が AWS Elastic Beanstalk によって自動的に適用されます。これらのリソースには、お客様のアプリケーションを実行する Amazon EC2 インスタンス、それらのインスタンスを管理する Auto Scaling グループ、EC2 インスタンス自体にトラフィックを分散するロードバランサーが含まれます。

設定変更の多くが、既存のインスタンスを置き換えることなく実行環境に適用できます。たとえば、ヘルスチェック URL を設定すると、環境が更新されロードバランサーの設定が変更されますが、このときダウンタイムは発生しません。これは、アプリケーションを実行しているインスタンスが更新適用中も引き続きリクエストを処理するためです。

起動設定または VPC 設定を変更する設定の変更では、環境内のすべてのインスタンスを終了し置き換える必要があります。たとえば、環境のインスタンスタイプまたは SSH キー設定を変更する場合、EC2 インスタンスを終了し置き換える必要があります。Elastic Beanstalk には、この置き換えをどのように行うかを決定する複数のポリシーが用意されています。

  • ローリング更新 – このプロセスでダウンタイムが発生しないように、Elastic Beanstalk はこのような設定の変更をバッチで適用し、常に最低限必要なインスタンスを実行してトラフィックを処理します。この方法により、更新プロセス中のダウンタイムを回避できます。詳細については、「ローリング更新」を参照してください。

  • イミュータブルな更新 – Elastic Beanstalk により一時的な Auto Scaling グループが、新しい設定で実行されている別のインスタンスセットで環境外に起動されます。その後、Elastic Beanstalk により、これらのインスタンスが環境のロードバランサーの背後に配置されます。新しいインスタンスがヘルスチェックにパスするまでは、古いインスタンスと新しいインスタンスのいずれもがトラフィックを処理します。この時点で Elastic Beanstalk により、新しいインスタンスが環境の Auto Scaling グループに移動され、一時グループと古いインスタンスが終了します。詳細については、「イミュータブルな更新」を参照してください。

  • 無効 – Elastic Beanstalk では、ダウンタイムを回避する対策が行われません。この場合は、環境にある既存のインスタンスが終了し、新しい設定で実行されている新しいインスタンスに置き換えられます。

警告

一部のポリシーでは、デプロイ時または更新時にすべてのインスタンスが置き換えられます。これにより、累積したすべての Amazon EC2 バーストバランスが失われます。次の場合に発生します。

  • インスタンスの置換を有効にしたマネージドプラットフォームの更新

  • イミュータブルな更新

  • イミュータブルな更新またはトラフィック分割を有効にしたデプロイ

サポートされる更新タイプ
ローリング更新の設定 負荷分散された環境 単一インスタンス環境 レガシー Windows サーバー環境 †

Disabled

はい

はい

はい

ヘルスにもとづくローリング

はい

いいえ

はい

時間にもとづくローリング

はい

いいえ

はい

Immutable

はい

はい

いいえ

† このテーブルのレガシー Windows Server 環境は、IIS 8.5 より前の IIS バージョンを使用する Windows Server プラットフォーム設定に基づいています。