メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド

[Buildfile] で JARs On-Server を構築する

ソースバンドルの [Buildfile] ファイルからビルドコマンドを起動することで、環境内の EC2 インスタンスにアプリケーションのクラスファイルと JAR を構築できます。

Buildfile ファイルでは Procfile ファイルと同じ構文が使用されますが、Buildfile ファイルのコマンドは 1 回のみ実行され、完了後に終了される必要があります。一方、Procfile ファイルのコマンドは、アプリケーションが有効な間は継続的に実行される必要があり、終了された場合には再起動されます。アプリケーションで JAR を実行するには、変わりに [Procfile] を使用します。

[Buildfile] というファイル名(大文字と小文字を区別します)をソースバンドルのルートに追加し、次の方法でビルドコマンドを起動するように設定します。

[Buildfile]

build: mvn assembly:assembly -DdescriptorId=jar-with-dependencies

上記の例は、Apache Maven を実行してソースコードからウェブアプリケーションを構築しています。Java ウェブアプリケーションサンプルで、この機能を使用するサンプルアプリケーションを探します。

Java SE プラットフォームには、ビルドスクリプトから起動できる次のビルドツールが含まれます。

  • javac – Java コンパイラ

  • ant – Apache Ant

  • mvn – Apache Maven

  • gradle – Gradle