Elastic Beanstalk 環境のイベントストリームを表示する - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk 環境のイベントストリームを表示する

AWS マネジメントコンソールを使用して、アプリケーションに関連付けられたイベントと通知にアクセスできます。

イベントを表示するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、リージョンのドロップダウンリストでリージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。

    
          Elastic Beanstalk コンソールの環境イベントページ

    イベントページに、環境で記録されたすべてのイベントが一覧表示されます。[<] (前)、[>] (次)、または [ページ番号] を選択して、一覧からページを移動できます。[Severity (緊急度)] ドロップダウンリストを使用して、イベントのタイプをフィルターできます。

EB CLIAWS CLI はどちらも、イベントを取得するためのコマンドを提供しています。EB CLI を使用して環境を管理する場合に、イベントの一覧を出力するには、eb events を使用します。このコマンドには、Ctrl+C を押して出力を停止するまで新しいイベントの表示を続行する --follow オプションもあります。

AWS CLI を使用してイベントを取得するには、環境の名前または ID を指定して describe-events コマンドを実行します。

$ aws elasticbeanstalk describe-events --environment-id e-gbjzqccra3 { "Events": [ { "ApplicationName": "elastic-beanstalk-example", "EnvironmentName": "elasticBeanstalkExa-env", "Severity": "INFO", "RequestId": "a4c7bfd6-2043-11e5-91e2-9114455c358a", "Message": "Environment update completed successfully.", "EventDate": "2015-07-01T22:52:12.639Z" }, ...

コマンドラインツールの詳細については、「ツール」を参照してください。