Elastic Beanstalk 環境のロードバランサー - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk 環境のロードバランサー

ロードバランサーは、環境のインスタンス間でトラフィックを分散します。ロードバランシングを有効にすると、AWS Elastic Beanstalk によって、環境専用の Elastic Load Balancing ロードバランサーが作成されます。Elastic Beanstalk は、このロードバランサーを完全に管理し、セキュリティ設定を処理し、環境の終了時にロードバランサーを終了します。

また、複数の Elastic Beanstalk 環境間でロードバランサーを共有することもできます。共有ロードバランサーを使用すると、環境ごとに専用のロードバランサーを使用する必要がなくなり、運用コストを節約できます。また、環境で使用する共有ロードバランサーの管理責任は多くなります。

Elastic Load Balancing には、以下のタイプのロードバランサーがあります。

  • Classic Load Balancer - 前世代のロードバランサー。HTTP、HTTPS あるいは TCP リクエストトラフィックを環境インスタンスの別のポートにルートします。

  • Application Load Balancer - アプリケーション層ロードバランサー。HTTP、HTTPS あるいは HTTPS リクエストトラフィックをリクエストパスに基づいて環境インスタンスの別のポートにルートします。

  • Network Load Balancer - ネットワーク層ロードバランサー。TCP リクエストトラフィックを環境インスタンスの別のポートにルートします。アクティブおよびパッシブ両方のヘルスチェックをサポートしています。

Elastic Beanstalk は、3 つのロードバランサータイプすべてをサポートしています。次の表に、2 つの使用パターンのうち、どちらが使用できるタイプかを示します。

ロードバランサーのタイプ 専有 共有

Classic Load Balancer

✓はい

☓いいえ

Application Load Balancer

✓はい

✓はい

Network Load Balancer

✓はい

☓いいえ

デフォルトでは、Elastic Beanstalk コンソールまたは EB CLI で負荷分散を有効にすると、Elastic Beanstalk によって環境に Application Load Balancer が作成されます。これによって、ロードバランサーはポート 80 で HTTP トラフィックをリッスンし、このトラフィックを同じポートのインスタンスに転送します。環境の作成時にのみに環境が使用するロードバランサーのタイプを選択できます。あとで、実行中の環境のロードバランサーの動作管理の設定は変更できますが、タイプを変更することはできません。

注記

Application Load Balancer を作成するには、2 つ以上のアベイラビリティーゾーンにサブネットを含む VPC にお客様の環境があることが必要です。すべての新しい AWS アカウントには、この要件を満たすデフォルトの VPC が含まれます。環境が 1 つのアベイラビリティーゾーンのみにサブネットを持つ VPC にある場合、デフォルトで Classic Load Balancer になります。サブネットがない場合、負荷分散を有効にすることはできません。

Elastic Beanstalk コンソール、EB CLI eb create コマンド、または Elastic Beanstalk API を使用して、すべてのロードバランサータイプの環境を作成および管理できます。

Elastic Beanstalk がサポートする各ロードバランサーのタイプ、機能、Elastic Beanstalk 環境での設定と管理の方法、および Amazon S3 にアクセスログをアップロードするようにロードバランサーを設定する方法については、以下のトピックを参照してください。