Elastic Beanstalk 環境を終了する - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk 環境を終了する

Elastic Beanstalk コンソールを使用して実行中の AWS Elastic Beanstalk 環境を終了できます。これにより、未使用の AWS リソースに料金が発生することを回避できます。

注記

いつでも、また同じバージョンを使用して新しい環境を起動できます。保存する必要のある環境のデータがある場合、環境を終了する前にデータベース削除ポリシーを Retain に設定します。これにより、データベースは Elastic Beanstalk の外部で動作し続けます。この後、Elastic Beanstalk 環境は外部データベースとして接続する必要があります。データベースを動作させずにデータをバックアップする場合は、環境を終了する前にデータベースのスナップショットを作成するように削除ポリシーを設定します。詳細については、このガイドの環境の設定の章で「データベースのライフサイクル」を参照してください。

Elastic Beanstalk は環境の終了に失敗する場合があります。一般的な原因の 1 つとして、別の環境のセキュリティグループが、終了しようとしている環境のセキュリティグループに依存している場合があります。この問題を回避する方法については、このガイドの [EC2 インスタンス] ページで「セキュリティグループ」を参照してください。

Elastic Beanstalk コンソール

環境を終了するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[Regions] (リージョン) リストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. [環境アクション] を選択してから、[環境の終了] を選択します。

  4. 画面上のダイアログボックスを使用して、環境の終了を確認します。

    注記

    環境を終了すると、終了した環境に関連付けられていた CNAME は解放され、すべてのユーザーが使用できるようになります。

    環境で実行されている AWS リソースが Elastic Beanstalk によって終了されるまでには数分かかります。

AWS CLI

環境を終了するには

  • 次のコマンドを実行します。

    $ aws elasticbeanstalk terminate-environment --environment-name my-env

API

環境を終了するには

  • 以下のパラメータを使って TerminateEnvironment を呼び出します。

    EnvironmentName = SampleAppEnv

    https://elasticbeanstalk.us-west-2.amazon.com/?EnvironmentName=SampleAppEnv &Operation=TerminateEnvironment &AuthParams