リリース: EB CLI 3.14.7 (2018 年 12 月 5 日) - AWS Elastic Beanstalk

リリース: EB CLI 3.14.7 (2018 年 12 月 5 日)

AWS Elastic Beanstalk Command Line Interface (EB CLI) に、バグ修正と新機能が含まれる新しいバージョンが登場しました。

リリース日: 2018 年 12 月 5 日

Changes

今回のリリースでの主な変更は以下のとおりです。

変更 影響を受けるコマンド 説明

Application Load Balancer (デフォルト)

eb create

eb create を使用して負荷分散された環境を作成するときに、--single オプションを指定しない場合は、EB CLI によってデフォルトで Application Load Balancer が作成されるようになりました。以前のデフォルトは Classic Load Balancer でした。

インタラクティブなフローで、EB CLI のデフォルトのロードバランサータイプとして application (オプション 2) が表示されるようになりました。非インタラクティブなフローでは、--elb-type オプションを指定してタイプを明示的に選択した場合を除いて、EB CLI のデフォルトのバランサータイプは Application Load Balancer になります。詳細については、eb create 開発者ガイドの「AWS Elastic Beanstalk」を参照してください。

重要

環境の作成に EB CLI を使用するスクリプトがある場合は、環境のソースバンドルに Classic Load Balancer を引き受ける設定ファイルが含まれている可能性があります。引き続き Classic Load Balancer を使用するには、必ず --elb-type classiceb create コマンドに追加してください。

SSH のプライベート IP アドレス

eb ssh

インスタンスのパブリック IP アドレスが見つからない場合、eb ssh コマンドは、プライベート IP アドレスを使用してインスタンスに接続するようになりました。以前は、同様の場合にプライベート DNS 名を使用していました。DNS 解決を常に使用できるとは限りません (単一の VPN を通じて複数の AWS リージョンにある VPC 内のインスタンスにアクセスする場合など)。プライベート IP アドレスを使用するほうが、成功する確率が高まります。

さまざまなバグ修正

eb create

eb init

eb tags

一部のコマンドの正しい動作に影響していた、いくつかのマイナーなバグを修正しました。