Elastic Load Balancing
Application Load Balancer

ターゲットグループへのターゲットの登録

ターゲットグループにターゲットを登録します。ターゲットグループを作成するときは、そのターゲットの種類を指定します。ターゲットの種類は、ターゲットの登録方法を決定します。たとえば、インスタンス ID、IP アドレス、または Lambda 関数を登録できます。詳細については、「Application Load Balancer のターゲットグループ」を参照してください。

現在登録されているターゲットの需要が上昇した場合、需要に対応するために追加ターゲットを登録できます。ターゲットがリクエストを処理する準備ができたら、ターゲットグループに登録します。登録処理が完了し、ターゲットが最初のヘルスチェックに合格するとすぐに、ロードバランサーはターゲットへのリクエストのルーティングを開始します。

登録済みターゲットの需要が低下した場合や、ターゲットを保守する必要がある場合、ターゲットグループから登録解除できます。登録解除するとすぐに、ロードバランサーはターゲットへのリクエストのルーティングを停止します。ターゲットがリクエストを受信する準備ができたら、ターゲットグループに再度登録することができます。

ターゲットを登録解除すると、ロードバランサーは未処理のリクエストが完了するまで待機します。これは、Connection Drainingと呼ばれます。Connection Drainingの進行中、ターゲットのステータスは draining です。

IP アドレスで登録されたターゲットを登録解除する場合、同じ IP アドレスを再び登録するには、登録解除の遅延が完了するまで待機する必要があります。

インスタンス ID でターゲットを登録する場合は、Auto Scaling グループでロードバランサーを使用できます。Auto Scaling グループにターゲットグループを接続し、そのグループがスケールアウトすると、Auto Scaling グループによって起動されたインスタンスが自動的にターゲットグループに登録されます。Auto Scaling グループからターゲットグループをデタッチした場合、インスタンスはターゲットグループから自動的に登録解除されます。詳細については、Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイドの「Auto Scaling グループにロードバランサーをアタッチする」を参照してください。

ターゲットセキュリティグループ

EC2 インスタンスをターゲットとして登録した場合、インスタンスのセキュリティグループにより、ロードバランサーがリスナーポートとヘルスチェックポートの両方でインスタンスとの通信が許可されるようにする必要があります。

推奨ルール

Inbound
Source Port Range Comment

ロードバランサーのセキュリティグループ

インスタンスリスナー

インスタンスリスナーポートでロードバランサーからのトラフィックを許可する

ロードバランサーのセキュリティグループ

ヘルスチェック

ヘルスチェックポートでロードバランサーからのトラフィックを許可する

また、パス MTU 検出をサポートするため、インバウンド ICMP トラフィックを許可することをお勧めします。詳細については、『Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド』の「パス MTU 検出」を参照してください。

ターゲットの登録または登録解除

ターゲットグループのターゲットの種類により、ターゲットグループにターゲットを登録する方法が決定されます。詳細については、「ターゲットの種類」を参照してください。

インスタンス ID によるターゲットの登録または登録解除

インスタンスは、ターゲットグループに指定された Virtual Private Cloud (VPC) に存在している必要があります。また、インスタンスの登録時の状態は running である必要があります。

インスタンス ID でターゲットを登録または登録解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ターゲットグループ] を選択します。

  3. ターゲットグループを選択します。

  4. [Targets] タブで、[Edit] を選択します。

  5. インスタンスを登録するには、[Instances] で選択し、必要に応じてデフォルトインスタンスポートを変更して、[Add to registered] を選択します。

    
                                [Register and deregister (登録および登録解除)] ダイアログボックス。
  6. インスタンスを登録解除するには、[Registered instances] から選択して [Remove] を選択します。

    
                                [Register and deregister (登録および登録解除)] ダイアログボックス。
  7. [Save] を選択します。

IP アドレスによるターゲットの登録または登録解除

登録する IP アドレスは、次のいずれかの CIDR ブロックからのものである必要があります。

  • ターゲットグループの VPC のサブネット

  • 10.0.0.0/8 (RFC 1918)

  • 100.64.0.0/10 (RFC 6598)

  • 172.16.0.0/12 (RFC 1918)

  • 192.168.0.0/16 (RFC 1918)

制限

  • 同じ VPC に別の Application Load Balancer の IP アドレスを登録することはできません。他の Application Load Balancer がピアリング接続先 VPC にある場合は、その IP アドレスを登録することができます。

IP アドレスでターゲットを登録または登録解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ターゲットグループ] を選択します。

  3. ターゲットグループを選択します。

  4. [Targets] タブで、[Edit] を選択します。

  5. IP アドレスを登録するには、メニューバーの [Register targets] アイコン (プラス記号) を選択します。各 IP アドレスに対して、ネットワークを選択して IP アドレスやポートを入力し、[Add to list (リストに追加)] を選択します。アドレスの指定が終了したら、[Register] を選択します。

    
                                [ターゲットの登録] 画面。
  6. IP アドレスを登録解除するには、メニューバーの [Deregister targets] アイコン (マイナス記号) を選択します。登録済みの IP アドレスが多い場合は、フィルタを追加したりソート順を変更したりすると便利です。IP アドレスを選択し、[Deregister] を選択します。

    
                                [ターゲットの登録解除] 画面。
  7. この画面から抜けるには、メニューバーの [Back to target group (ターゲットグループに戻る)] を選択します。

Lambda 関数の登録または登録解除

各ターゲットグループで単一の Lambda 関数を登録できます。Lambda 関数を呼び出すためのアクセス権限が Elastic Load Balancing に必要です。トラフィックを Lambda 関数に送信する必要がなくなった場合は、登録を解除できます。Lambda 関数の登録を解除すると、未処理のリクエストは HTTP 5XX エラーで失敗します。Lambda 関数を置き換えるには、代わりに新しいターゲットグループを作成することをお勧めします。詳細については、「ターゲットとしての Lambda 関数」を参照してください。

Lambda 関数を登録または登録解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] で [ターゲットグループ] を選択します。

  3. ターゲットグループを選択し、[ターゲット] タブを選択します。

  4. 登録された Lambda 関数が表示されない場合は、[登録] を選択します。Lambda 関数を選択し、[登録] を選択します。

  5. Lambda 関数を登録解除するには、[登録解除] を選択します。確認を求めるメッセージが表示されたら、[登録解除] を選択します。

AWS CLI を使用してターゲットを登録または登録解除する

ターゲットを追加するには register-targets コマンドを使用し、ターゲットを削除するには deregister-targets コマンドを使用します。