Elasticsearch バージョン別の機能 - Amazon Elasticsearch Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Elasticsearch バージョン別の機能

Amazon ES の多くの機能には、Elasticsearch の最小バージョン要件があります。

機能 最低限必要な Elasticsearch バージョン

VPC サポート

すべてのドメインで含まれる

ドメインへのすべてのトラフィックに HTTPS を要求する

マルチ AZ のサポート

専用マスターノード

カスタムパッケージ

エラーおよびスローログの発行

5.1

Curator CLI のサポート

保管時のデータの暗号化

Kibana の Cognito 認証

Elasticsearch のインプレースアップグレード

時間単位の自動スナップショット

5.3

ノード間の暗号化

6.0

Java 高レベル REST クライアントのサポート

HTTP リクエストとレスポンスの圧縮

アラート

6.2

SQL

6.5

クラスター間検索

6.7

きめ細かなアクセス制御

Kibana の SAML 認証

UltraWarm

6.8

Index State Management

6.8

ユークリッド距離による KNN

7.1

異常検出

7.4

コサイン類似度による KNN

7.7

ランク付けを行う

パイプ処理言語

7.9

これらの機能の一部と追加の機能を有効にするプラグインについては、「」を参照してください。Elasticsearch バージョンに応じたプラグイン. 各バージョンの Elasticsearch API の詳細については、「サポートされている Elasticsearch オペレーション.」を参照してください。