Elasticsearch バージョン別の機能 - Amazon Elasticsearch Service

Elasticsearch バージョン別の機能

Amazon ES の多くの機能には、Elasticsearch の最小バージョン要件があります。

機能 Elasticsearch の最小バージョン

VPC サポート

すべてのドメインで含まれる

ドメインへのすべてのトラフィックに HTTPS を要求する

マルチ AZ のサポート

専用マスターノード

カスタムパッケージ

エラーおよびスローログの発行

5.1

Curator CLI のサポート

保管時のデータの暗号化

Kibana の Cognito 認証

Elasticsearch のインプレースアップグレード

時間単位の自動スナップショット

5.3

ノード間の暗号化

6.0

Java 高レベル REST クライアントのサポート

アラート

6.2

SQL

6.5

クラスター間検索

6.7

きめ細かなアクセス制御

UltraWarm

6.8

Index State Management

6.8

KNN

7.1

異常検出

7.4

これらの機能の一部と追加の機能を有効にするプラグインについては、「Elasticsearch バージョンに応じたプラグイン」を参照してください。各バージョンの Elasticsearch API の詳細については、「サポートされている Elasticsearch オペレーション」を参照してください。