Amazon Elasticsearch Service リザーブドインスタンス - Amazon Elasticsearch Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Elasticsearch Service リザーブドインスタンス

Amazon Elasticsearch Service リザーブドインスタンス (RI) では、標準オンデマンドインスタンスと比べて大幅な割引を受けられます。インスタンス自体は同じRIsです。アカウントのオンデマンドインスタンスに適用される請求の割引にすぎません。使用状況が予想可能な存続時間の長いアプリケーションについては、 により時間の経過と共に大幅なコスト削減が可能になります。RIs

Amazon ESRIsには 1 年または 3 年の期間が必要で、割引レートに影響を与える 3 つの支払いオプションがあります。

  • 前払いなし – 前払いはありません。期間内の時間ごとに割引された時間料金を支払います。

  • 一部前払い – 料金の一部を前払いし、期間内の時間ごとに割引された時間料金を支払います。

  • 全前払い – 料金を全額前払いします。期間内に時間料金は支払いません。

一般的に、前払い料金が多いほど割引率がなくなります。リザーブドインスタンスをキャンセルすることはできません — 予約するときに、全期間に対して支払う契約を結びます — 前払い料金は払い戻しできません。

Amazon Elasticsearch ServiceRIsは柔軟ではありません。予約した正確なインスタンスタイプにのみ適用されます。たとえば、8 つのc5.2xlarge.elasticsearchインスタンスの予約は、16 個のc5.xlarge.elasticsearchインスタンスまたは 4 つのc5.4xlarge.elasticsearchインスタンスには適用されません。詳細については、「Amazon Elasticsearch Service の料金表」および「よくある質問」を参照してください。

リザーブドインスタンスの購入 (コンソール)

コンソールでは、既存のリザーブドインスタンスを表示したり、新しいリザーブドインスタンスを購入したりできます。

予約を購入するには

  1. https://aws.amazon.com にアクセスし、[Sign In to the Console] を選択します。

  2. [分析] で、[Elasticsearch Service] を選択します。

  3. [Reserved Instances (リザーブドインスタンス)] を選択します。

    このページでは、既存の予約を見ることができます。多くの予約がある場合、フィルタリングして特定の予約を識別して見やすくすることができます。

    ヒント

    [Reserved Instances (リザーブドインスタンス)] リンクが表示されない場合は、リージョンでドメインを作成します

  4. [Purchase Reserved Instance (リザーブドインスタンスの購入)] を選択します。

  5. [Reservation Name (予約名)] に、一意のわかりやすい名前を入力します。

  6. インスタンスタイプ、サイズ、インスタンスの数を選択します。ガイダンスについては、「Amazon ES ドメインのサイジング」を参照してください。

  7. 期間の長さと支払いオプションを選択します。

  8. 支払いの詳細を慎重に確認します。

  9. [Submit] を選択します。

  10. 購入概要を慎重に確認します。リザーブドインスタンスの購入は払い戻しできません。

  11. [Purchase (購入)] を選択します。

リザーブドインスタンスを購入する (AWS CLI)

AWS CLI には、提供タイプの表示、予約の購入、予約の表示を行うためのコマンドがあります。次のコマンドとサンプルレスポンスは、指定された AWS リージョンの提供タイプを示しています。

aws es describe-reserved-elasticsearch-instance-offerings --region us-east-1 { "ReservedElasticsearchInstanceOfferings": [ { "FixedPrice": x, "ReservedElasticsearchInstanceOfferingId": "1a2a3a4a5-1a2a-3a4a-5a6a-1a2a3a4a5a6a", "RecurringCharges": [ { "RecurringChargeAmount": y, "RecurringChargeFrequency": "Hourly" } ], "UsagePrice": 0.0, "PaymentOption": "PARTIAL_UPFRONT", "Duration": 31536000, "ElasticsearchInstanceType": "m4.2xlarge.elasticsearch", "CurrencyCode": "USD" } ] }

各戻り値の説明については、次の表を参照してください。

Field  説明
FixedPrice 予約の前払いコスト。
ReservedElasticsearchInstanceOfferingId 提供 ID。製品を予約する場合は、この値をメモしておきます。
RecurringCharges 予約の時間料金。
UsagePrice レガシーフィールド。Amazon ES の場合、この値は常に 0 です。
PaymentOption 前払いなし、一部前払い、または全額前払い。
Duration 期間の長さ (秒)。
  • 31536000 秒が 1 年です。

  • 94608000 秒が 3 年です。

ElasticsearchInstanceType 予約のインスタンスタイプ。各インスタンスタイプに割り当てられるハードウェアリソースについては、「Amazon Elasticsearch Service の料金表」を参照してください。
CurrencyCode FixedPriceRecurringChargeAmount の通貨。

この次の例では、予約を購入します。

aws es purchase-reserved-elasticsearch-instance-offering --reserved-elasticsearch-instance-offering-id 1a2a3a4a5-1a2a-3a4a-5a6a-1a2a3a4a5a6a --reservation-name my-reservation --instance-count 3 --region us-east-1 { "ReservationName": "my-reservation", "ReservedElasticsearchInstanceId": "9a8a7a6a-5a4a-3a2a-1a0a-9a8a7a6a5a4a" }

最後に、以下の例を使用して特定のリージョンの予約をリストできます。

aws es describe-reserved-elasticsearch-instances --region us-east-1 { "ReservedElasticsearchInstances": [ { "FixedPrice": x, "ReservedElasticsearchInstanceOfferingId": "1a2a3a4a5-1a2a-3a4a-5a6a-1a2a3a4a5a6a", "ReservationName": "my-reservation", "PaymentOption": "PARTIAL_UPFRONT", "UsagePrice": 0.0, "ReservedElasticsearchInstanceId": "9a8a7a6a-5a4a-3a2a-1a0a-9a8a7a6a5a4a", "RecurringCharges": [ { "RecurringChargeAmount": y, "RecurringChargeFrequency": "Hourly" } ], "State": "payment-pending", "StartTime": 1522872571.229, "ElasticsearchInstanceCount": 3, "Duration": 31536000, "ElasticsearchInstanceType": "m4.2xlarge.elasticsearch", "CurrencyCode": "USD" } ] }
注記

StartTime は Unix エポック時間 (1970 年 1 月 1 日の午前 00:00 UTC から経過した秒数)。たとえば、1522872571 エポック時間は 2018 年 4 月 4 日の 20:09:31 UTC です。オンラインコンバーターを使用することができます。

前の例で使用されているコマンドの詳細については、「AWS CLI Command Reference」を参照してください。

リザーブドインスタンスを購入する (AWSSDKs)

AWS SDKs (Android および iOS SDKs を除く) は、Amazon ES設定 API リファレンスで定義されているすべてのオペレーションをサポートします。これには、以下が含まれます。

  • DescribeReservedElasticsearchInstanceOfferings

  • PurchaseReservedElasticsearchInstanceOffering

  • DescribeReservedElasticsearchInstances

AWS SDKs のインストールと使用の詳細については、AWS Software Development Kits を参照してください

コストを確認する

Cost Explorer は、過去 13 か月間の使用量データを表示できる無料のツールです。このデータを分析することで、傾向を特定し、ユースケースRIsに合うかどうかを理解できます。がすでにある場合は、RIs購入オプション別にグループ化し、償却コストを表示して、その使用量とオンデマンドインスタンスの使用量を比較できます。https://docs.aws.amazon.com/awsaccountbilling/latest/aboutv2/advanced.htmlまた、使用状況の予算を設定して、予約を活用していることを確認することもできます。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/awsaccountbilling/latest/aboutv2/cost-explorer-what-is.htmlの「AWS Billing and Cost Management ユーザーガイドCost Explorer によるコストの分析」を参照してください。