ステップ 1: Amazon ESドメインを作成する - Amazon Elasticsearch Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 1: Amazon ESドメインを作成する

重要

このプロセスは、簡潔なチュートリアルでテストドメインを設定します。本番稼働用ドメインの作成には使用できません。同じプロセスの包括的なバージョンについては、「Amazon Elasticsearch Service ドメインの作成と管理」を参照してください。

コンソール、 Amazon ES ドメインは、Elasticsearch クラスターと同義です。ドメインは、指定した設定、インスタンスタイプ、インスタンス数、およびストレージリソースを含むクラスターです。 、または Amazon ES AWS を使用して AWS CLIドメインを作成できますSDKs。

Amazon ES ドメイン (コンソール) を作成するには

  1. https://aws.amazon.com にアクセスし、[Sign In to the Console] を選択します。

  2. [分析] で、[Elasticsearch Service] を選択します。

  3. [Create a new domain (新しいドメインの作成)] を選択します。

  4. [Create Elasticsearch domain (Elasticsearch ドメインの作成)] ページで、[Development and testing (開発とテスト)] を選択します。

  5. [Elasticsearch version (Elasticsearch バージョン)] で、最新バージョンを選択し、[Next (次へ)] を選択します。

  6. ドメインの名前を入力します。この入門チュートリアルでは、チュートリアルの後半にある例で、ドメイン名 movies を使用します。

  7. ここでは、カスタムエンドポイントを無視できます

  8. [Data nodes (データノード)] で、c5.large.elasticsearch インスタンスタイプを選択します。デフォルト値の 1 インスタンスを使用します。

  9. Data nodes storage (データノードストレージ)] の場合は、デフォルト値を使用します。

  10. 現時点では、専用マスターノードUltraWarmデータノード、スナップショット設定、およびオプションの Elasticsearch クラスター設定セクションは無視できます。

  11. [次へ] を選択します。

  12. このチュートリアルを簡単にするために、パブリックアクセスドメインを使用することをお勧めします。[Network configuration (ネットワーク設定)] で、[Public access (パブリックアクセス)] を選択します。

  13. [Fine-grained access control (きめ細かなアクセス制御)[ で、[Create master user (マスターユーザーの作成)] を選択します。ユーザー名とパスワードを指定します。

  14. ここでは、SAML 認証 Amazon Cognito 認証を無視できます

  15. [Access policy (アクセスポリシー)] で、[Allow open access to the domain (ドメインへのオープンアクセスを許可する)] を選択します。このチュートリアルでは、ドメインアクセスポリシーではなく、きめ細かなアクセス制御が認証を処理します。

  16. 暗号化設定はデフォルト値のままにし、[Next (次へ)] を選択します。

  17. [Review (レビュー)] ページで、設定を再確認し、[Confirm (確認)] を選択します。通常、新しいドメインは初期化に 15~30 分かかりますが、設定によってはさらに時間がかかります。ドメインが初期化されたら、そのエンドポイントを書き留めます。