Amazon Elasticsearch Service ドメインのタグ付け - Amazon Elasticsearch Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Elasticsearch Service ドメインのタグ付け

Amazon ES タグを使用して、Amazon ES ドメインにメタデータを追加できます。AWS は、タグに意味論的意味を適用しません。タグは単なる文字列として解釈されます。タグには、次の要件があります。

タグ要素 説明
タグキー タグキーは、必須のタグ名です。タグキーは添付される Amazon ES ドメインで一意にする必要があります。タグキーと値の基本的な制限の一覧については、「ユーザー定義タグの制限」を参照してください。
タグ値 タグ値は、タグの省略可能な文字列値です。タグ値は null を指定できます。また、タグセット内で一意である必要はありません。例えば、project/Trinity と cost-center/Trinity のタグセット内に 1 つのキーと値のペアを使用できます。タグキーと値の基本的な制限の一覧については、「ユーザー定義タグの制限」を参照してください。

各 Amazon ES ドメインには、その Amazon ES ドメインに割り当てられているすべてのタグを格納するタグセットがあります。AWS は、Amazon ES ドメインにタグを自動的に設定しません。タグセットには、最大 50 個のタグを格納でき、空にすることもできます。Amazon ES ドメインに追加したタグのキーがそのリソースの既存のタグのキーと同じ場合、既存の値は新しい値によって上書きされます。

これらのタグを使用して、類似のリソースの費用をグループ化することで、コストを追跡できます。Amazon ES ドメインタグは、Amazon ES ドメインを定義して関連付ける名前と値のペアです。その名前はキーと呼ばれます。タグを使用して、Amazon ES ドメインに任意の情報を割り当てることができます。たとえば、タグキーを使用してカテゴリを定義し、タグ値をそのカテゴリのアイテムにすることができます。具体的には、「project」というタグキーと「Salix」というタグ値を定義して、Amazon ES ドメインが Salix プロジェクトに割り当てられていることを示すことができます。また、タグキーとして environment=testenvironment=production などを使用して、Amazon ES ドメインがテスト用なのか本稼働用なのかを示すこともできます。Amazon ES ドメインに関連付けられているメタデータの追跡が簡単になるように、一貫した一連のタグキーを使用することをお勧めします。

タグを使用して AWS 請求書を整理し、自分のコスト構造を反映することもできます。そのためには、サインアップして、タグキー値が含まれた AWS アカウントの請求書を取得する必要があります。その後、同じタグキー値を持つリソースに従って請求情報を整理し、結合したリソースのコストを確認します。たとえば、複数の Amazon ES ドメインにキーと値のペアをタグ付けし、請求情報を整理して複数のサービスにおける各ドメインの合計コストを確認できます。詳細については、AWS 請求情報とコスト管理の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

注記

タグは承認用にキャッシュに格納されます。そのため、Amazon ES ドメインに対するタグの追加や更新には数分かかることがあります。

タグの操作 (コンソール)

以下の手順を使用してリソースタグを作成します。

タグを作成するには (コンソール)

  1. https://aws.amazon.com にアクセスし、[Sign In to the Console] を選択します。

  2. [分析] で、[Elasticsearch Service] を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、Amazon ES ドメインを選択します。

  4. ドメインダッシュボードで、[Manage tags (タグの管理)] を選択します。

  5. [Key] 列にタグキーを入力します。

  6. (オプション) [Value] 列にタグ値を入力します。

  7. [Submit] を選択します。

タグを削除するには (コンソール)

以下の手順を使用してリソースタグを削除します。

  1. https://aws.amazon.com にアクセスし、[Sign In to the Console] を選択します。

  2. [分析] で、[Elasticsearch Service] を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、Amazon ES ドメインを選択します。

  4. ドメインダッシュボードで、[Manage tags (タグの管理)] を選択します。

  5. 削除するタグの横にある [Remove (削除)] を選択します。

  6. [Submit] を選択します。

コンソールを使用したタグの操作の詳細については、AWS マネジメントコンソールの入門ガイドの「タグエディタの使用」を参照してください。

タグの操作 (AWS CLI)

AWS CLI で --add-tags コマンドを使用して、リソースタグを作成することができます。

構文

add-tags --arn=<domain_arn> --tag-list Key=<key>,Value=<value>

パラメータ 説明
--arn タグが添付される Amazon ES ドメインの Amazon リソースネーム。
--tag-list スペースで区切られたキーと値のペアの以下の形式のセット: Key=<key>,Value=<value>

次の例では、ログ ドメイン用に 2 つのタグを作成します。

aws es add-tags --arn arn:aws:es:us-east-1:379931976431:domain/logs --tag-list Key=service,Value=Elasticsearch Key=instances,Value=m3.2xlarge

remove-tags コマンドを使用して Amazon ES ドメインからタグを削除できます。

構文

remove-tags --arn=<domain_arn> --tag-keys Key=<key>,Value=<value>

パラメータ 説明
--arn タグが添付される Amazon ES ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。
--tag-keys Amazon ES ドメインから削除するスペース区切りのタグ値のセット。

次の例は、ログドメインから前述の例で作成した 2 つのタグを削除します。

aws es remove-tags --arn arn:aws:es:us-east-1:379931976431:domain/logs --tag-keys service instances

list-tags コマンドで Amazon ES ドメインの既存のタグを表示できます。

構文

list-tags --arn=<domain_arn>

パラメータ 説明
--arn タグが添付される Amazon ES ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。

次の例は、ログドメインのすべてのリソースタグをリスト表示します。

aws es list-tags --arn arn:aws:es:us-east-1:379931976431:domain/logs

タグの操作 (AWS SDK)

AWS SDK では (Android および iOS SDK を除く)、AddTagsListTagsRemoveTags オペレーションを含む、Amazon ES 設定 API リファレンスで定義されたすべてのアクションがサポートされています。AWS SDK のインストールと使用の詳細については、「AWS Software Development Kits」を参照してください。