サービスソフトウェア更新 - Amazon Elasticsearch Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

サービスソフトウェア更新

注記

サービスソフトウェア更新は、Elasticsearch バージョンのアップグレードとは異なります。最新バージョンの Elasticsearch へのアップグレードについては、「Elasticsearch のアップグレード」を参照してください。

Amazon ES では、機能追加やドメイン強化を行うシステムソフトウェア更新を定期的にリリースしています。更新がリリースされているかどうかを簡単に確認するには、コンソールを使用します。新しいサービスソフトウェアが利用可能になると、ドメインへの更新をリクエストして、新しい機能を迅速に利用できます。また、トラフィックの少ない時間帯に更新を開始することもできます。

いくつかの更新が必要です。その他はオプションです。

  • 必要な更新に関するアクションを実行しない場合、サービスソフトウェアは特定の期間 (通常 2 週間) が経過すると自動的に更新されます。

  • コンソールに自動デプロイ日が含まれていない場合、更新はオプションです。

次の表に示されているいずれかの状態にある場合、ドメインはサービスソフトウェア更新の対象外である可能性があります。

州/地域 説明
処理中のドメイン ドメインは、設定変更中です。オペレーション完了後、更新の適格性を確認します。
赤のクラスター状態 クラスター内の 1 つ以上のインデックスは赤です。トラブルシューティングステップについては、「赤のクラスター状態」を参照してください。
高いエラー率 Elasticsearch クラスターはリクエストの処理を試みましたが、大量の 5xx エラーを返しています。この問題は通常、同時読み取りまたは書き込みリクエストが多すぎることで起こります。クラスターへのトラフィックを減らすか、ドメインのスケーリングを検討してください。
スプリットブレイン スプリットブレインとは、Elasticsearch クラスターに 1 つ以上のマスターノードがあり、決して独自に再結合することのない 2 つのクラスターに分割されているという意味です。専用マスターノードの推奨値を使用することで、スプリットブレインを回避できます。スプレッドブレインからの復旧方法については、AWS サポート にお問い合わせください。
Amazon Cognito 統合の問題 お使いのドメインでは Kibana の認証が使用されています。Amazon ES で 1 つ以上の Amazon Cognito リソースが見つかりません。この問題は通常、Amazon Cognito ユーザープールがない場合に発生します。この問題を修正するには、見つからないリソースを再作成し、そのリソースを使用するように Amazon ES ドメインを設定します。
その他の Amazon ES サービスの問題 Amazon ES 自体の問題により、ドメインが更新対象外として表示される可能性があります。前の条件がドメインに当てはまらず、問題が 1 日以上続く場合は、AWS サポート にお問い合わせください。

サービスのソフトウェア更新をリクエストするには (コンソール)

  1. https://aws.amazon.com にアクセスし、[Sign In to the Console] を選択します。

  2. [分析] で、[Elasticsearch Service] を選択します。

  3. ナビゲーションペインの [My domains (マイドメイン)] で、更新するドメインを選択します。

  4. [サービスソフトウェアリリース] で、ドキュメントリンクを使用して、現在のバージョンと最新のバージョンを比較します。次に、[更新] を選択します。

サービスのソフトウェア更新をリクエストするには (AWS CLI および AWS SDK)

次のコマンドを使用して、更新が利用できるかどうかを確認後、アップグレードの適格性を確認して、更新をリクエストします。

  • describe-elasticsearch-domain (DescribeElasticsearchDomain)

  • start-elasticsearch-service-software-update (StartElasticsearchServiceSoftwareUpdate)

詳細については、「AWS CLI Command Reference」および「Amazon Elasticsearch Service 設定 API リファレンス」を参照してください。

ヒント

更新をリクエストした後、それをキャンセルできるわずかな時間がある場合があります。コンソール または stop-elasticsearch-service-software-update (StopElasticsearchServiceSoftwareUpdate) コマンドを使用します。